RSS|archives|admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

バド・シャンク・プレイズ・テナー

バド・シャンク・プレイズ・テナー
BUD SHANK PLAYS TENOR
アルト・サックスやフルートの演奏の方が知られていて、LA4のメンバーとしても活躍していました。ウェスト・コーストのジャズ・ミュージシャンは複数の楽器を演奏する人が多いです。このアルバムではテナー・サックスを演奏しています。この一枚しかないのがもったいないくらいいい演奏ですね。
バド・シャンク(ts)、クロード・ウィリアムソン(p)、ドン・プレル(b)、チャック・フローレス(ds)のメンバーで1957年録音、パシフィック・ジャズ・レコードです。
テンダリーでは軽快にスイングする演奏でいかにも西海岸的で、ズート・シムズを彷彿とさせますね。ボディ・アンド・ソウルはゆったりした演奏でちょっと東海岸的なところもあります。彼のアルトやフルートの演奏と比べると太くてたくましい感じですね。
PR:バド・シャンク・プレイズ・テナー+1
関連記事


Category:Jazz/S | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |
<<セロニアス・モンク/モンクス・ミュージック | HOME | ジョージ・大塚・トリオ/ユー・アー・マイ・サンシャイン>>

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | | 2012.08.24(Fri) 12:03:01 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://analogdisk.blog27.fc2.com/tb.php/222-e98ea9a3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。