RSS|archives|admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

コニッツ・ミーツ・マリガン

コニッツ・ミーツ・マリガン
KONITZ MEETS MULLIGAN
リー・コニッツもジェリー・マリガンも西海岸出身じゃないのですが、ウェスト・コースト・ジャズの人気の中心でしたね。1953年録音、パシフィック・ジャズ・レコードから出ています。変わっているのは、A面がスタジオ録音で、B面がライヴ録音であることですね。
メンバーは、リー・コニッツ(as)、ジェリー・マリガン(bs)、チェット・ベーカー(tp)、カーソン・スミス(b)、ジョー・モンドラゴン(b)、ラリー・バンカー(ds)です。ジョー・モンドラゴンはA-1、5のみ参加です。ピアノレスが特徴です。
ジェリー・マリガンは完全にリー・コニッツの引き立て役に徹していますね。とにかくリー・コニッツのアドリブがすごいです。緻密で隙がない無駄のないアドリブですね。しかもきれいな音色で。スタンダード・ナンバーが並んでいるのもいいです。特に、B面最後のオール・ザ・シングス・ユー・アーがお気に入りです。
リー・コニッツの最高アルバムだと言う人が多いのもうなずけます。
PR:Konitz Meets Mulligan
関連記事


Category:リー・コニッツ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<フィニアス・ニューボーン/アイ・ラヴ・ア・ピアノ | HOME | モンティ・アレキサンダー/スパンキー>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://analogdisk.blog27.fc2.com/tb.php/218-2d7de60c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。