RSS|archives|admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

アート・ブレーキー/サンジェルマンのジャズ・メッセンジャーズ,Vol.2

アート・ブレーキー/サンジェルマンのジャズ・メッセンジャーズ,Vol.2
ART BLAKEY & LES JAZZ-MESSENGERS au Club Saint-Germain/VOL.2
ファンキー・ブームで人気絶頂だったジャズ・メッセンジャーズの、パリのクラブ・サンジェルマンで1958年にライヴ録音されたアルバムです。だから、フランス語なんですね。フランスRCAです。けっこう頻繁にメンバーが変遷するのですが、この時は、アート・ブレーキー(ds)、リー・モーガン(tp)、ベニー・ゴルソン(ts)、ボビー・ティモンズ(p)、ジミー・メリット(b)というメンバーです。
ホレス・シルバーがいた第一次メッセンジャーズから、第二次は、ジャッキー・マクリーンが入ったり、入れ替ってジョニー・グリフィンが入ったり、一時ジュニア・マンスが入ったりと試行錯誤のときだったようです。第三次がこのメンバーで、全員フィラデルフィアの出身で交流や結びつきがあり、また、ゴルソンとティモンズという作編曲者にも恵まれたわけです。
モーニン、エヴィデンス、ブルース・マーチ、ライク・サムワン・イン・ラヴの4曲です。モーニンがティモンズ作曲、ブルース・マーチがゴルソン作曲ですね。
この第二集が1959年度のフランス・ディスク大賞を受賞しています。ジャズ・メッセンジャーズの最高傑作といってもいいと思います。
PR:サンジェルマンのジャズ・メッセンジャーズVol.2
関連記事


Category:アート・ブレーキー | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<テリー・ハーマン・トリオ/スウィート・メモリーズ | HOME | トミー・フラナガン・トリオ/オーヴァーシーズ>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://analogdisk.blog27.fc2.com/tb.php/194-3c7acd7d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。