RSS|archives|admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

アート・ブレーキーとジャズ・メッセンジャーズ/バタコーン・レディ

アート・ブレーキーとジャズ・メッセンジャーズ/バタコーン・レディ
ART BLAKEY & THE JAZZ MESSENGERS/BUTTERCORN LADY
新人発掘と育てるのに定評のあるアート・ブレーキーとジャズ・メッセンジャーズの1966年、カリフォルニアのヘルモサ・ビーチ、ライトハウスでライヴ録音されたアルバムです。ライムライトレーベルです。
アート・ブレーキー(ds)、チャック・マンジョーネ(tp)、フランク・ミッチェル(ts)、キース・ジャレット(p)、レジー・ジョンソン(b)というメンバーです。チャックとキースがジャズ・メッセンジャーズに参加した唯一の作品です。
キース・ジャレットは二十歳だったのですが、もう完成された才能あふれる演奏ですばらしいです。チャック・マンジョーネはバタコーン・レディなど3曲提供していますし、溌剌と吹いていますね。フランク・ミッチェルは早く亡くなったためにほとんど唯一の録音です。コルトレーンばりに吹きまくっています。
若い人たちがアート・ブレーキーの心地よいドコドコリズムにのって、自由にやっている感じはなかなかいいのですが、ジャズ・メッセンジャーズとしてのまとまりはあまりないように思います。まあ、貴重な音源であることは間違いないですけど。
PR:バタコーン・レディ(紙)
関連記事


Category:アート・ブレーキー | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<リッチー・バイラーク/エルム | HOME | デイヴ・マッケンナ・カルテット/フィーチャリング・ズート・シムズ>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://analogdisk.blog27.fc2.com/tb.php/191-d3ab3041

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。