RSS|archives|admin

ビル・エヴァンス/アンダーカレント

ビル・エヴァンス/アンダーカレント
Bill Evans/Undercurrent
ピアノトリオ作品が多いビル・エヴァンス(p)のアルバムの中では異色の、ジム・ホール(g)との二人だけの演奏です。1962年録音、ユナイテッド・アーティスツ(UA)からでています。
一曲目、いきなり軽快なテンポでマイ・ファニー・バレンタインが始まります。意表をつくスピード感のある演奏でびっくりします。他の曲はゆっくりめなんですけどね。ドリーム・ジプシーやローメインがいいですね。ゆっくりだけど緊張感があります。寄り添うようにあるいは絡み合うように息のあった演奏がすばらしい名盤です。
ところで、このジャケット写真はオリジナルでは「本物」の死体の写真だったという説があるんですが、本当ですかね。
PR:アンダーカレント
関連記事


Category:ビル・エヴァンス | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<ソニー・ロリンズ/ウェイ・アウト・ウェスト | HOME | ナンシー・ウィルソン/バット・ビューティフル>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://analogdisk.blog27.fc2.com/tb.php/19-c180d2e6