RSS|archives|admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ウォルター・ビショップJr./オールド・フォークス

ウォルター・ビショップJr./オールド・フォークス
WALTER BISHOP,Jr./OLD FOLKS
名作スピーク・ロウの再発から日本で人気が出て日本のレーベルから出たアルバムです。1976年、NY録音、イースト・ウィンドです。
ウォルター・ビショップJr.(p)、サム・ジョーンズ(b)、ビリー・ヒギンズ(ds)のトリオで、バックの2人は当時、シダー・ウォルトン・トリオで活動していました。
70年代、日本では人気あるけどアメリカでは、、というベテランのアルバムが日本のレーベルでたくさんつくられていますね。
ウォルター・ビショップJr.はバド・パウエル派のバップ・ピアニストで、アート・ブレーキーとジャズ・メッセンジャーズやマイルスGでも活動していました。この録音時49歳ですが、渋くスイングしていますね。
カーニヴァルの朝、オールド・フォークスがいいですね。モンクのストレート・ノー・チェイサー、以前チャーリー・パーカーのバックもやっていたので、ヤードバード組曲、ピアノソロで、エヴリタイム・ウィ・セイ・グッバイも演奏しています。
PR:オールド・フォークス(紙)
関連記事


Category:Jazz/Bその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<八城一夫/サイド・バイ・サイド Vol.3 | HOME | ヴィレッジ・ヴァンガードの大西順子>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://analogdisk.blog27.fc2.com/tb.php/184-5ac29240

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。