RSS|archives|admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

本田竹彦の魅力

本田竹彦の魅力
t.honda meets rhythm section featuring s.watanabe
本田竹彦がナベサダとそのリズムセクションとともにつくったアルバムです。トリオ・ジャズ・シリーズ第一弾で、1969年、銀座ヤマハホールでの録音です。
本田竹彦(p)、増尾好秋(g)、鈴木良雄(b)、渡辺文男(ds)、渡辺貞夫(as、特別参加)というメンバーです。
本田竹広ですが、1972年までは本田竹彦の名前で活動しています。
本田作曲のミントン・ブルースのナベサダの演奏はすばらしいですね。ヘイ・ジュード、恋のフェニックス、はジャズでは珍しい曲です。あと、ナベサダのアルトから始まるステラ・バイ・スターライトも印象的ですし、黒人ぽい自作曲の、エイント・テル・ユー・ア・グッド・ウェイ・バット、とオリジナル・バラードのクワイエット・シーもなかなかいいです。この曲では、力強いだけでなく繊細で叙情的な面も持ち合わせていることがわかりますね。
録音は菅野沖彦が担当しています。
PR:本田竹曠の魅力
関連記事


Category:本田竹広 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<角松敏生/Reasons for Thousand Lovers | HOME | 今田勝/スタンダード>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://analogdisk.blog27.fc2.com/tb.php/179-a1cd0b18

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。