RSS|archives|admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

チェット・ベイカー&アート・ペッパー/プレイボーイズ

チェット・ベイカー&アート・ペッパー/プレイボーイズ
CHET BAKER & ART PEPPER/PLAYBOYS
ウェスト・コースト・ジャズを代表する、人気白人トランぺッター、チェット・ベイカーとアルトの奇才、アート・ペッパーの双頭セクステットで、録音の為に臨時に組まれたセッションです。チェット・ベイカー(tp)、アート・ペッパー(as)、フィル・アーソ(ts)、カール・パーキンス(p)、カーティス・カウンス(b)、ローレンス・マラブル(ds)のメンバーで、1956年に録音され、ワールド・パシフィック・レコードからでています。ほとんど二十代という若いメンバーです。リズム隊は黒人ですね。
2曲がペッパーのオリジナルで5曲がベイカーの友人のジミー・ヒースの曲です。編曲もやっていますね。
ウェストコーストで活躍する白人でイケメンで麻薬にも手を染めていたことまで共通している二人の、全盛期の演奏です。こういう編成だとアレンジに頼りがちですが、アドリブがすばらしいです。
プレイボーイ誌のロゴの字体に似せたジャケットもなかなかいいですね。
PR:PLAYBOYS
関連記事


Category:Jazz/Bその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<アンドレ・プレヴィン&ラス・フリーマン/ダブル・プレイ! | HOME | 古澤良治郎/キジムナ>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://analogdisk.blog27.fc2.com/tb.php/159-5500dded

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。