RSS|archives|admin

ウェス・モンゴメリー/インクレディブル・ジャズ・ギター

ウェス・モンゴメリー/インクレディブル・ジャズ・ギター
WES MONTGOMERY/INCREDIBLE JAZZ GUITAR
ウェス・モンゴメリーの名盤はいろいろあれど、ジャズ的なエッセンスがつまっているのはこれですね。まさに信じられない演奏で、1曲目のエアジンから絶好調です。1960年録音、リバーサイドレーベルです。ウェス・モンゴメリー(g)、トミー・フラナガン(p)、パーシー・ヒース(b)、アルバート・ヒース(ds)というメンバーで、すごいリズム隊です。特にトミフラは名盤請負人で、数々のミュージシャンの名盤にサイドメンとして参加しています。
彼のギタープレイの特徴は独自のオクターブ奏法で、ピックを使わないで親指で演奏しています。驚異のテクニックです。
PR:インクレディブル・ジャズ・ギター

スポンサーサイト



Category:Jazz/Mその他 | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

セロニアス・モンク/モンクス・ミュージック

セロニアス・モンク/モンクス・ミュージック
THELONIOUS MONK/MONK'S MUSIC
アメリカではユニオンの規制でリハーサル時間がとれないままレコーディングすることがあります。練習、打ち合わせ不足で本番となれば、ミスも出ます。それをそのままレコードにしたのもすごいけど、ミスがあっても傑作というのもすごいです。ていうか、メンバーも豪華ですごいのですが。
レイ・コープランド(tp)、ジジ・クライス(as)、コールマン・ホーキンス(ts)、ジョン・コルトレーン(ts)、セロニアス・モンク(p)、ウィルバー・ウェア(b)、アート・ブレーキー(ds)で曲によって組合せが異なります。1957年、リバーサイドレーベルです。
A2ウェル・ユー・ニードントでは、モンクが自分のソロが終わったと勘違いして「コルトレーン、コルトレーン」と叫ぶのだが、コルトレーンは正しく出たのです。モンクは自分の曲なのにミスしたのだが、驚いたアート・ブレーキーが遅れ、つられてベースのウェアもミスるという連鎖ですね。
B2エピスロロフィーでは、ホーキンスの出だしで誰もついてこず、あれ間違えたかなと吹くのをやめたが、実は正しいコーラス頭だったのと、モンクのサビの部分でホーキンスがコーラス頭をちょっと吹いてしまう場面があります。他の曲はミス無しです。モンクらしさの出た完璧なアルバムとは言えませんが、なかなかいいですね。強面のモンクが子供の乗り物に乗っているジャケットも印象的です。
PR:モンクス・ミュージック+2(紙ジャケット仕様)


Category:Jazz/Mその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

前田憲男/ウィ・スリー・ジャズ

前田憲男/ウィ・スリー・ジャズ
MAEDA NORIO/WE THREE JAZZ
前田憲男トリオに一曲だけゲストにネプチューン・海山が加わっています。前田憲男(p)、猪俣猛(ds)、荒川康男(b)、ネプチューン・海山(尺八)、というメンバーで1978年録音、アダム・エースレーベルから出ています。
ステラ・バイ・スターライト、ジャンゴ、四月の思い出、ライク・サムワン・イン・ラヴ、イン・ナ・センチメンタル・ムード、ファイヴ・ペニーズのスタンダードナンバーに加え、サイド2の一曲目、竹・ブルースがあります。ネプチューン・海山のオリジナル・ブルースです。
落ち着いて聴ける大人のジャズです。
ジャケットも洒落ていますね。ネプチューン・海山の縦書き名刺やカウンター・バー・バンブーの紙マッチも置いてあります。写真小さくて分かりませんけど。CDのジャケットはセンスないですねえ。
PR:WE THREE JAZZ

Category:Jazz/Mその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

マンハッタン・ジャズ・クインテット・ライヴ・アット・ピット・イン

マンハッタン・ジャズ・クインテット・ライヴ・アット・ピット・イン
MANHATTAN JAZZ QUINTET Live at PIT INN
マンハッタン・ジャズ・クインテットの六本木ピットインでのライヴアルバムです。1986年録音。行ったことのある店でのライヴ盤というのはうれしいのですが、この店は2004年夏に閉店してもうありません。
メンバーはデビッド・マシューズ(p)、ジョージ・ヤング(ts)、ルー・ソロフ(tp)、エディ・ゴメス(b)、スティーブ・ガッド(ds)です。ライヴ故に一曲が長いので4曲しか入っていません。ソー・ディス、リカード・ボサノバ、枯葉、ロザリオです。ライヴならではの気合いの入ったホットな演奏です。
PR:ライヴ・アット・ピットイン

Category:Jazz/Mその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

チャック・マンジョーネ/フィール・ソー・グッド

チャック・マンジョーネ/フィール・ソー・グッド
CHUCK MANGIONE/feels so good
1977年発売で大ヒットしたフュージョン・アルバムです。60年代はアート・ブレーキーのジャズ・メッセンジャーズに参加していたこともあり、トランペットで純粋なジャズをやっていたのですが、フリューゲル・ホーンでフュージョンに転向してからヒットしました。
チャック・マンジョーネ(fh)、クリス・バダラ(sax)、グラント・ガイスマン(eg)、チャールズ・ミークス(b)、ジェームス・ブラッドリーJr(ds)による演奏ですが、他のメンバーはスタジオミュージシャンのようです。
フィール・ソー・グッドは当時ものすごく流行っていたので知っている人も多いでしょうね。聴きやすく印象的なメロディで滑らかな演奏なので、まさにいい気分にさせてくれる曲です。もうひとつ私が好きなのは、2曲目のマウイ・ワウイです。
PR:フィール・ソー・グッド

Category:Jazz/Mその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

パット・メセニー・グループ

パット・メセニー・グループ
PAT METHENY GROUP
1978年にECM(ドイツ)から出たパット・メセニー・グループの最初のアルバムです。グループ名とアルバムタイトルがいっしょだと紛らわしいので、「想い出のサン・ロレンツオ」と呼ぶ事が多いです。1曲目のタイトルですね。
パット・メセニー(g)、ライル・メイズ(p,kb)、マーク・イーガン(b)、ダン・ゴットリーブ(ds)、 グループという言い方がいいです。カルテットほどかたくなく、バンドのように通俗的でなく、なにかゆるいつながりみたいな感じですね。
柔らかくて透明感のある音色であり、演奏も新鮮な感じがありますね。ECM自体が透明感命みたいなところがあるので、あっているんですね。
PR:Pat Metheny Group

Category:Jazz/Mその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |