RSS|archives|admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

秋吉敏子/ザ・トシコ・トリオ

秋吉敏子/ザ・トシコ・トリオ
AKIYOSHI TOSHIKO/The Toshiko Trio
秋吉敏子がボストンのバークリー音楽院に留学中である1956年に録音された、ストーリーヴィル・レコード原盤の作品です。バークリー音楽院の日本人最初の生徒です。
メンバーは秋吉敏子(p)、ポール・チェンバース(b)、エド・シグペン(ds)です。
長く幻の名盤として高値で取引されていたようですね。
アメリカン・ジャズ・マスター賞を受賞しています。
彼女の演奏はイントロに特徴がありますね。テディ・ウィルソンを聴いてジャズに目覚めた彼女らしいです。女性らしからぬダイナミックな演奏と女性らしい繊細な部分があるのが面白いです。日本的あるいは中国的、東洋的か?のアプローチも特徴です。ここではソロの蘇州の夜です。李香蘭の歌で有名です。
オリジナル・ブルース、ブルース・フォー・トシコもいいですね。
PR:秋吉敏子/ザ・トシコ・トリオ

スポンサーサイト
Category:秋吉敏子 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

秋吉敏子/トシコの子守唄

秋吉敏子/トシコの子守唄
AKIYOSHI TOSHIKO/Lullabies For You
トシコの子守唄~世界の童謡をピアノ・ジャズで~というのが正式な日本語タイトルです。
秋吉敏子(p)、荒川康男(b)、原田寛治(ds)のトリオで、1965年日本コロムビアのスタジオで録音されました。自作曲が多い秋吉のアルバムの中では珍しい作品ですね。自作曲はトシコの子守唄の一曲だけです。まりと殿様(日)、かんちょろりん節(日)、スリー・ブラインド・マイス(米)、エストレマドゥーラの歌(西)、一根扁担(中)、ロシアの子供の行進、天使の子守唄(イスラエル)、フレール・ジャック(仏)、蝶々(独)、ロンドン橋(英)、スエーデンの子守唄、で全曲です。
シンプルなメロディの印象的な曲が多いですが、ロンドン橋が一番ジャズ的で盛り上がってますかね。トシコの子守唄も穏やかでなかなかいいですね。
PR:ララバイ・フォー・ユー~トシコの子守唄

Category:秋吉敏子 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

秋吉敏子&スティーヴ・キューン/カントリー&ウェスタン・サウンド・オブ・ジャズ・ピアノ

秋吉敏子&スティーヴ・キューン/カントリー&ウェスタン・サウンド・オブ・ジャズ・ピアノ
steve KUHN & toshiko AKIYOSHI/the Country & Western sound of Jazz Pianos
カントリー&ウェスタンをジャズ・ピアノでというのが変わっていますが、秋吉敏子とスティーヴ・キューンの組合せもすごいですね。ピアノデュオです。スティーヴ・キューン(p)、秋吉敏子(p)、デイヴ・アイゼンソン(b)、ジョー・ニーヴィス(b)、バリー・ガルブレイス(g)、ピート・ラロッカ(ds)のメンバーで、1963年ニューヨーク録音で、ドーントレス原盤です。
カントリー&ウェスタンのスタンダードナンバーが並んでいます。名盤ではなく珍盤ですが、なかなかいいです。
PR:THE COUNTRY&WESTERN SOUND OF JAZZ P

Category:秋吉敏子 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

トシコ=マリアーノ・カルテット

トシコ=マリアーノ・カルテット
TOSHKO-MARIANO QUARTET
秋吉敏子(p)、チャーリー・マリアーノ(as)、ジーン・チェリコ(b)、エディ・マーシャル(ds)で、1960年ニューヨーク録音です。キャンディドレーベルです。
ビッグバンドも有名ですが、コンボでの傑作です。ホエン・ユー・ミート・ハー、リトル・Tがマリアーノの曲、トシコズ・エレジー、ロング・イエロー・ロードがトシコの曲、ディープ・リバーが黒人霊歌ですね。
ロング・イエロー・ロードがすばらしいです。彼女の代表曲ですね。日本的な感じですが、彼女の生まれ故郷である満州の思い出を曲にしたものです。
PR:トシコ=マリアーノ・カルテット

Category:秋吉敏子 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

秋吉敏子/黄色い長い道

秋吉敏子/黄色い長い道
Akiyoshi Toshiko/Long Yellow Road
ビッグバンド(秋吉敏子&ルー・タバキン・ビッグバンド)、ピアノトリオ、ピアノソロと幅広く活躍している秋吉敏子のピアノトリオ作品です。渡米して5年目の1961年に日本に帰ってきての録音です。
黄色い長い道、箱根のたそがれ、木更津甚句など日本的な色の濃い演奏になっています。B面のグリーク(ノルウェイの作曲家)の曲や黒人霊歌もなぜか日本的な響きがありますね。
秋吉敏子(p)、ジーン・チェリコ(b)、エディ・マーシャル(ds)で、トシコ=マリアーノ・カルテットからマリアーノが抜けたメンバーです。
裏ジャケットは、娘であるマンデイ満ちるがトシコの膝の上でピアノを弾いている写真です。3歳ぐらいかな。彼女が母親の作品をセレクトしたCDでは、堂々表ジャケットになっています。黄色い長い道と木更津甚句はセレクトされていました。
秋吉敏子は最近はソロピアノでの演奏が多いようです。ビッグバンドは2003年に解散しました。
CDはタイトルとジャケット写真が異なります。
PR:秋吉敏子リサイタル

Category:秋吉敏子 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。