RSS|archives|admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

モンティ・アレキサンダー/スパンキー

モンティ・アレキサンダー/スパンキー
MONTY ALEXANDER/SPUNKY
ジャマイカ生まれのピアニストの二作目です。17歳でマイアミに移住したようです。ラテン系オスカー・ピーターソンという感じでテクニシャンで楽しい演奏です。
たぶん1965年、LAとNYでの録音でパシフィック・ジャズ・レーベルです。LAは、モンティ・アレキサンダー(p)、ヴィクター・ガスキン(b)、ポール・ハンフリー(ds)で、一曲だけスコット・ターナー(g)が参加しています。NYは2曲だけで、ボブ・クランショー(b)、ブルーノ・カー(ds)、ジーン・ベルトンシーニ(g)というメンバーです。
タイトル曲のスパンキーがいいですね。彼のオリジナルです。ニックネームにもなっています。血気にはやるという意味らしいです。カリプソ・リズムのジャマイカン・シェイクもいいです。彼とメンバーのオリジナル以外にジャズメンの曲やスタンダードもありますね。ゴルソンのウィスパー・ノットがいいですね。ゆっくりな出だしからスピードアップします。
スーツ姿のジャケット写真と内容のミスマッチ具合がいいですね。
PR:スパンキー

スポンサーサイト
Category:Jazz/Aその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ローリンド・アルメイダ/アランフェス協奏曲

ローリンド・アルメイダ/アランフェス協奏曲
LAURINDO ALMEIDA/CONCIERTO DE ARANJUEZ
人気ギタリストでザ・L.A.フォアのリーダー格としても有名ですね。イニシャルもLAですけど。タイトル曲のアランフェス協奏曲はギター協奏曲ですね。でもソロの演奏は珍しいです。このアルバムは全部ギターソロです。アコギです。ローリンド・アルメイダ(g)、1978年LA録音、イースト・ウィンドから出ています。
日本のレーベルらしく、アランフェス協奏曲、おもいでの夏、スターダスト、フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーンなどスタンダードがあり、映画「黒いオルフェ」の挿入歌メドレー、ガーシュウィンメドレーもあります。
ギターソロだと単調になりがちなのですが、巧みな選曲と起伏のある演奏でなかなか聴き応えがあります。
PR:アランフェス協奏曲(紙)

Category:Jazz/Aその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

秋吉敏子/ザ・トシコ・トリオ

秋吉敏子/ザ・トシコ・トリオ
AKIYOSHI TOSHIKO/The Toshiko Trio
秋吉敏子がボストンのバークリー音楽院に留学中である1956年に録音された、ストーリーヴィル・レコード原盤の作品です。バークリー音楽院の日本人最初の生徒です。
メンバーは秋吉敏子(p)、ポール・チェンバース(b)、エド・シグペン(ds)です。
長く幻の名盤として高値で取引されていたようですね。
アメリカン・ジャズ・マスター賞を受賞しています。
彼女の演奏はイントロに特徴がありますね。テディ・ウィルソンを聴いてジャズに目覚めた彼女らしいです。女性らしからぬダイナミックな演奏と女性らしい繊細な部分があるのが面白いです。日本的あるいは中国的、東洋的か?のアプローチも特徴です。ここではソロの蘇州の夜です。李香蘭の歌で有名です。
オリジナル・ブルース、ブルース・フォー・トシコもいいですね。
PR:秋吉敏子/ザ・トシコ・トリオ

Category:秋吉敏子 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

秋吉敏子/トシコの子守唄

秋吉敏子/トシコの子守唄
AKIYOSHI TOSHIKO/Lullabies For You
トシコの子守唄~世界の童謡をピアノ・ジャズで~というのが正式な日本語タイトルです。
秋吉敏子(p)、荒川康男(b)、原田寛治(ds)のトリオで、1965年日本コロムビアのスタジオで録音されました。自作曲が多い秋吉のアルバムの中では珍しい作品ですね。自作曲はトシコの子守唄の一曲だけです。まりと殿様(日)、かんちょろりん節(日)、スリー・ブラインド・マイス(米)、エストレマドゥーラの歌(西)、一根扁担(中)、ロシアの子供の行進、天使の子守唄(イスラエル)、フレール・ジャック(仏)、蝶々(独)、ロンドン橋(英)、スエーデンの子守唄、で全曲です。
シンプルなメロディの印象的な曲が多いですが、ロンドン橋が一番ジャズ的で盛り上がってますかね。トシコの子守唄も穏やかでなかなかいいですね。
PR:ララバイ・フォー・ユー~トシコの子守唄

Category:秋吉敏子 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

キャノンボール・アダレイ/サムシン・エルス

キャノンボール・アダレイ/サムシン・エルス
CANNONBALL ADDERLEY/SOMETHIN' ELSE
ブルーノートの超有名盤で人気盤です。キャノンボール・アダレイ(as)、マイルス・デイヴィス(tp)、ハンク・ジョーンズ(p)、サム・ジョーンズ(b)、アート・ブレーキー(ds)のメンバーで1958年に録音されています。実質的なリーダーはマイルスですね。契約の関係でキャノンボール・アダレイ名義で出したようです。そんなことはどうでもいいぐらいの名演です。もちろん、メンバー、ジャケットデザインもすばらしいです。
枯葉、ラヴ・フォー・セール、サムシン・エルス、ワン・フォー・ダディ・O、ダンシング・イン・ザ・ダークの5曲です。ワン・フォー・はキャノンボールの弟が書いた曲で、次のダンシング・とともにキャノンボールらしさが出ていますね。あとの曲はマイルスの方が前面に出ています。最高の枯葉ですね。
PR:サムシン・エルス+1

Category:Jazz/Aその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

秋吉敏子&スティーヴ・キューン/カントリー&ウェスタン・サウンド・オブ・ジャズ・ピアノ

秋吉敏子&スティーヴ・キューン/カントリー&ウェスタン・サウンド・オブ・ジャズ・ピアノ
steve KUHN & toshiko AKIYOSHI/the Country & Western sound of Jazz Pianos
カントリー&ウェスタンをジャズ・ピアノでというのが変わっていますが、秋吉敏子とスティーヴ・キューンの組合せもすごいですね。ピアノデュオです。スティーヴ・キューン(p)、秋吉敏子(p)、デイヴ・アイゼンソン(b)、ジョー・ニーヴィス(b)、バリー・ガルブレイス(g)、ピート・ラロッカ(ds)のメンバーで、1963年ニューヨーク録音で、ドーントレス原盤です。
カントリー&ウェスタンのスタンダードナンバーが並んでいます。名盤ではなく珍盤ですが、なかなかいいです。
PR:THE COUNTRY&WESTERN SOUND OF JAZZ P

Category:秋吉敏子 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。