RSS|archives|admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

トミー・フラナガン/ロンリー・タウン

トミー・フラナガン/ロンリー・タウン
Tommy Flanagan/LONELY TOWN
トミー・フラナガンのトリオで1959年、ブルーノートレーベルで録音されたものですが、未発表でした。日本のキングレコードが発掘して1979年に発売されたものです。
トミー・フラナガン(p)、ジョー・ベンジャミン(b)、エルヴィン・ジョーンズ(ds)のトリオです。アメリカ、ロンリー・タウン、トゥナイト、イッツ・ラヴ、ラッキー・トゥ・ビー・ミー、グリッター・アンド・ビー・ゲイ、メイク・アワ・ガーデン・グロウ、ですべてレナード・バーンスタインのミュージカル作品です。アメリカとトゥナイトはウェスト・サイド・ストーリーの曲なので聴きなじみがあり好きです。
エルヴィン・ジョーンズはオーバーシーズよりは押さえ気味ですがなかなかいいですね。
ジャケットに1959年にはなかったはずのツインタワーがあるので、後から日本で作られたものですね。ちょっとブルーノートとはデザインコンセプトが違うような気がします。
このアルバム、CDでも入手困難なようです。

スポンサーサイト
Category:トミー・フラナガン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

アート・ファーマー/アート

アート・ファーマー/アート
ART FARMER/ART
アート・ファーマーの初期の代表作といってもいいワンホーンアルバムです。アート・ファーマー(tp)、トミー・フラナガン(p)、トミー・ウィリアムス(b)、アルバート・ヒース(ds)というメンバーで1960年ニューヨーク録音です。チェスレーベルです。
名盤に登場が多いトミフラなど渋い人選ですが、選曲もなかなか渋く古いミュージカルの曲が多いです。バラードからミディアムテンポですね。1曲目のソー・ビーツ・マイ・ハート・フォー・ユー のベースからの入り方がなかなかいいです。B面3曲目のアイム・ア・フール・トゥ・ウォント・ユーも美しいバラードでしっとりと聴かせます。
まじめで暖かくて歌心を感じさせる演奏です。落ち着いて聴けますね。
PR:アート


Category:アート・ファーマー | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

トミー・フラナガン/エクリプソ

トミー・フラナガン/エクリプソ
TOMMY FLANAGAN/ECLYPSO
トミー・フラナガンの5作目で、1977年NY録音、エンヤレーベルです。人気のあるオーヴァーシーズと同様、エルヴィン・ジョーンズが参加したトリオです。20年後の再演でもありますね。
トミー・フラナガン(p)、ジョージ・ムラーツ(b)、エルヴィン・ジョーンズ(ds)のトリオです。
チャーリー・パーカーのリラクシン・アット・カマリロ、コンファメーション、ソニー・ロリンズのオレオなど、ジャズメンのオリジナルを演奏しています。エクリプソはトミー・フラナガンのオリジナルでオーヴァーシーズでも演奏していますね。お気に入りの曲らしくさらに他のアルバムでも登場しているようです。デンジルズ・ベストのムラーツのベースソロもいいですね。
少しうるさいぐらいのエルヴィン・ジョーンズもなかなかいいです。オーヴァーシーズよりは控えめですけど。
PR:エクリプソ

Category:トミー・フラナガン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ジ・アライヴァル・オブ・ヴィクター・フェルドマン

ジ・アライヴァル・オブ・ヴィクター・フェルドマン
The Arrival of VICTOR FELDMAN
この人もともとドラマーで、10歳でグレン・ミラーのバンドで叩いています。その後ピアノとヴァイブをマスターしています。イギリス人ですが、1957年からカリフォルニアに移住しています。このアルバムはアメリカでのデヴュー盤です。
ヴィクター・フェルドマン(vib.p)、スコット・ラファロ(b)、スタン・リーヴィー(ds)のトリオで、1958年録音、コンテンポラリーレーベルです。ビル・エヴァンスとの有名盤の前のウェスト・コーストでのスコット・ラファロのベースが聴けるという意味でも貴重ですね。
ピアノはどちらかと言えば朴訥な感じでショパンのワルツのような優雅な曲の方がいいですね。ヴァイブはゆったりリラックスした感じでなかなかいいです。例外はガレスピーのビバップで、この速弾きはすごいです。映像で見てみたいです。
このジャケットもお気に入りです。アメリカ上陸時の写真です。ラファロとリーヴィーがTシャツ水夫で、フェルドマンが正装です。VictorのVはフェルドマンのVサインです。こういうセンスが好きです。レコード番号もボートの側面に書いてあります。印刷ですがね。
PR:ジ・アライヴァル・オブ・ビクター・フェルドマン(紙ジャケット仕様)

Category:Jazz/Fその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

カーティス・フラー/イメージズ

カーティス・フラー/イメージズ
IMAGES OF CURTIS FULLER
ファンキー・トロンボーンの第一人者カーティス・フラーの未発表アルバムです。当時ですけど。ブルースエットなどサヴォイの三枚のアルバムに続くものですが、なぜか未発表だったものです。
カーティス・フラー(tb)、ユーゼフ・ラティーフ(ts,fl)、リー・モーガン(tp)、マッコイ・タイナー(p)、ミルト・ヒントン(b)、ロイ・ヘインズ(ds)というメンバーで1960年、NY録音、サヴォイレーベルです。実際の発売は1975年です。
全曲フラーのオリジナルです。なかなか気合いが入ってますね。ちょっと荒削りですけど、フラーのファンキーな名演がすばらしいです。ユーゼフ・ラティーフのビー・バック・タレックラでのフルートがいいです。この人、本名はビル・エヴァンスなんですね。リー・モーガンは間違いなくすばらしいです。太く短く生きた人です。マッコイ・タイナーはまだスタイルが決まっていない初期の演奏として貴重ですね。
ザ・ジャズテットとジャズ・メッセンジャーズの三管編成の要として活躍した彼らしいアルバムです。
PR:イメージズ

Category:カーティス・フラー | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

アート・ファーマー/トゥ・デューク・ウィズ・ラヴ

アート・ファーマー/トゥ・デューク・ウィズ・ラヴ
ART FARMER/To Duke With Love
アート・ファーマーのデューク・エリントン追悼作で、ワンホーンのバラード集です。アート・ファーマー(fh)、シダー・ウォルトン(p)、サム・ジョーンズ(b)、ビリー・ヒギンズ(ds)というメンバーで、1975年、NY録音、日本のレーベル、イースト・ウィンドから出ています。エリントンが亡くなったのが1974年ですから1年後です。
イン・ア・センチメンタル・ムード、スイングがなけりゃ意味ないさ、スター・クロスド・ラヴァーズ、ブラウン・スキン・ギャル・イン・ザ・キャリコ・ガウン、ラッシュ・ライフ、ラヴ・ユー・マッドリー、3番目と4番目以外は有名曲ですね。
スイング時代の名曲を違和感なくモダンジャズにして、しかもエリントンに対する敬愛の気持ちが感じられるいい演奏のバラード集です。
シダー・ウォルトン・トリオもレギュラーメンバーですし、この四人の組合せはいいですね。
PR:トゥ・デューク・ウィズ・ラヴ

Category:アート・ファーマー | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。