RSS|archives|admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

山本剛 with レイ・ブラウン/スモーク・ア・モトズ・ブルース

山本剛 with レイ・ブラウン/スモーク・ア・モトズ・ブルース
YAMAMOTO TSUYOSHI with RAY BROWN/SMOKE A MOTO'S BLUES
ミルト・ジャクソン~レイ・ブラウンのグループの来日公演のあと帰国直前に録音されたアルバムです。ベースの巨匠レイ・ブラウンと当時若手の山本剛の組合せがいいです。
山本剛(p)、レイ・ブラウン(b)、西条孝之介(ts)、ドナルド・ベイリー(ds)というメンバーで1979年録音、ユピテルレコードです。
ジャスト・スクィーズ・ミー、マイ・ファニー・ヴァレンタイン、イッツ・オール・ライト・ウィズ・ミー、ステラ・バイ・スターライト、のスタンダード・ナンバーに加え表題曲のレイ・ブラウンの即興ブルースと山本の自作曲も演奏しています。力強く正確なレイ・ブラウンのベースに新鮮な山本のピアノは負けてないですね。西条のテナーも力強いくていいです。
これ、CD化されてなくてアナログ盤しか存在しません。

スポンサーサイト
Category:山本剛 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

山本剛/ミッドナイト・シュガー

山本剛/ミッドナイト・シュガー
Yamamoto Tsuyoshi trio/MIDNIGHT SUGAR
山本剛のデビューアルバムです。1974年録音、スリー・ブラインド・マイスから出ています。山本剛(p)、福井五十雄(b)、小原哲次郎(ds)のトリオです。バックの二人は当時の今田勝トリオのメンバーですね。
小学6年のとき8ヶ月だけピアノを習っただけで、あとは独学でピアノをマスターしたというのは本当らしいです。
A1のタイトル曲とB3のスイート・ジョージア・ブルースが自作のブルースで、あとは、アイム・ア・フール・トゥ・ウォント・ユー、ニアネス・オブ・ユー、イット・クッド・ハプン・トゥ・ユー、というスタンダード・ナンバーのバラードです。スロー・ブルースとバラードというゆったりめの演奏でリラックスして聴けます。まことに心地よいスイング感ですね。
スリー・ブラインド・マイスらしいはっきりした録音で音質もいいです。
PR:ミッドナイト・シュガー(紙ジャケット仕様)

Category:山本剛 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ヤマ&ジローズ・ウェイヴ/ガール・トーク

ヤマ&ジローズ・ウェイヴ/ガール・トーク
Yama & Jiro's Wave/Girl Talk
山本剛(p)、大由彰(b)、小原哲次郎(ds)のトリオですが、こういう名前になっています。山本剛トリオの6枚目のアルバムで、1975年録音です。おなじみスリー・ブラインド・マイスです。2年で6枚ですから驚くべきハイペースです。それでも新鮮さがありますね。ライヴ盤とは違うノリで、ややしっとりした演奏です。
「追憶」の映画音楽、アルバムタイトルのガール・トークと静かに続いていき、A列車で行こうは、ちょっと変わったイントロからスピード感のある列車になっています。最後はしっとりとニューヨークの秋で締めています。秋の夜長にピッタリですね。

Category:山本剛 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

山本剛トリオ/ミスティ

山本剛トリオ/ミスティ
Yamamato Tsuyoshi Trio/MISTY
山本剛の2作目のアルバム、ミスティです。1974年録音。当時彼がレギュラー出演していた六本木のクラブの名前でもありますね。これはスタジオ録音ですが。山本剛(p)、福井五十雄(b)、小原哲次郎(ds)でデビュー作のミッドナイト・シュガーと同じメンバーです。
A-2のブルースは山本のオリジナルですが、それ以外はスタンダードナンバーです。ミスティは意表をついた非常にゆっくりしたピアノソロから始まります。おなじみのエロール・ガーナーの曲ですね。その他得意な歌ものが続きます。最後はエンジェル・アイズでピアノソロで弾いています。神成芳彦氏の独特の録音方法でピアノの音をクリアに捉えています。マイクをピアノの中に突っ込んで録っているようです。
PR:Misty (Hybr)


Category:山本剛 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

山本剛トリオ/ジ・イン・クラウド

山本剛トリオ/ジ・イン・クラウド
Yamamoto Tsuyoshi/THE IN CROWD
1974年にミッドナイト・シュガーで鮮烈デヴューした、山本剛のその年のクリスマスライヴ、六本木クラブミスティでの録音です。ライヴならではのノリノリの演奏ですが、羽目を外さないオーソドックスなスイング感ですね。山本剛(p)、大由彰(b)、大隅寿男(ds)の三人です。名曲やスタンダードが選曲されています。ブルース・イン・ザ・ベースメント、フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ、ユー・アー・マイ・サンシャイン、ジ・イン・クラウド、アイ・キャント・ゲット・スターテッドです。
しんと静まり返って聴くという雰囲気じゃなくて、お客さんの話し声とかざわざわした感じがいいです。彼はピアノは半年しか習ったことなくてあとは独学とか、譜面が読めないとか言ってるんですが、本当ですかね。
アマゾンにはありませんでした。

Category:山本剛 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。