RSS|archives|admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

リアル・リー・コニッツ

リアル・リー・コニッツ
the real Lee Konitz
レニー・トリスターノ門下生による演奏のアトランティック盤で、1957年ピッツバーグの「ミッドウェイ・ラウンジ」でのライブ録音です。リー・コニッツ(as)、ドン・フェラーラ(tp)、ビリー・バウアー(g)、ピーター・インド(b)、ディック・スコット(ds)というメンバーです。知的でクールなリー・コニッツが光っている名盤です。
ベースのピーター・インドが持ち込んだテープレコーダーで録音したものをリー・コニッツ自身が編集したもので、途中から始まって途中で切れます。かなり変わったレコードですね。でもいい部分だけを抽出しているので聴き応えがあります。最初の曲ストレートアウェイからぐんぐん引き込まれます。目立たないですが、ビリー・バウアーとの相性がいいですね。
PR:リアル・リー・コニッツ

スポンサーサイト
Category:リー・コニッツ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ウィントン・ケリー/ケリー・グレイト

ウィントン・ケリー/ケリー・グレイト
Wynton Kelly/KELLY GREAT
ウィントン・ケリーの代表作で名盤です。リー・モーガン(tp)、ウェイン・ショーター(ts)、ウィントン・ケリー(p)、ポール・チェンバース(b)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)のクインテットで1959年、NY録音、ヴィー・ジェイ・レーベルです。リンクルス、ママG、6月の夜、ホワット・ノウ、シドニーの5曲です。長めの演奏が多いですね。
ジャズ・メッセンジャーズのフロントとマイルスのリズムセクションの合体ですから悪かろうはずはありません。才能ある人たちの若さあふれる演奏です。ウェイン・ショーターがちょっと異色ですかね。ウィントン・ケリーのピアノは軽快さに特徴があり、クラシックの影響がない希有なピアニストです。とにかく楽しいピアノで引き込まれます。
PR:ケリー・グレイト

Category:Jazz/Kその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

コニッツ・ミーツ・マリガン

コニッツ・ミーツ・マリガン
KONITZ MEETS MULLIGAN
リー・コニッツもジェリー・マリガンも西海岸出身じゃないのですが、ウェスト・コースト・ジャズの人気の中心でしたね。1953年録音、パシフィック・ジャズ・レコードから出ています。変わっているのは、A面がスタジオ録音で、B面がライヴ録音であることですね。
メンバーは、リー・コニッツ(as)、ジェリー・マリガン(bs)、チェット・ベーカー(tp)、カーソン・スミス(b)、ジョー・モンドラゴン(b)、ラリー・バンカー(ds)です。ジョー・モンドラゴンはA-1、5のみ参加です。ピアノレスが特徴です。
ジェリー・マリガンは完全にリー・コニッツの引き立て役に徹していますね。とにかくリー・コニッツのアドリブがすごいです。緻密で隙がない無駄のないアドリブですね。しかもきれいな音色で。スタンダード・ナンバーが並んでいるのもいいです。特に、B面最後のオール・ザ・シングス・ユー・アーがお気に入りです。
リー・コニッツの最高アルバムだと言う人が多いのもうなずけます。
PR:Konitz Meets Mulligan

Category:リー・コニッツ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

リー・コニッツ・ウィズ・ウォーン・マーシュ

リー・コニッツ・ウィズ・ウォーン・マーシュ
LEE KONITZ WITH WARNE MARSH
レニー・トリスターノの門下生で集まって作ったアルバムです。1955年NY録音、アトランティック・レーベルです。リー・コニッツ(as)、ウォーン・マーシュ(ts)、サル・モスカ(p)、ロニー・ポール(p)、ビリー・バウワー(g)、オスカー・ペティフォード(b)、ケニー・クラーク(ds)で、ロニー・ポールは1曲だけの参加、他の曲はサル・モスカですが、ピアノレスの曲もあります。
トリスターノのジャズ理念と奏法によるクールで知的な演奏です。複雑に絡み合うコニッツとマーシュ、いいですねえ。
A面がスタンダードと有名曲で、リラックスした気軽な感じもありますし、B面はトリスターノの曲とメンバーのオリジナルで知的で味わい深いです。
スイング・ジャーナル誌選定ゴールド・ディスクです。
PR:リー・コニッツ・ウィズ・ウォーン・マーシュ(紙ジャケット仕様)

Category:リー・コニッツ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

木村純子/JUNKO

木村純子/JUNKO
KIMURA JUNKO/JUNKO
木村純子(p)、河上修(b)、ドナルド・ベイリー(ds)のトリオです。1975年録音。ご両親がブラジルにいることから、ラテンテイストが少しありながら、繊細な女性らしさもある、センスの良いピアノですね。同じピアニストの菅野邦彦夫人でもあります。ドナルド・ベイリーのドラムもすばらしい。この録音もいいです。ドラムの音がすかっとしていいですね。音質に定評のあるオーディオ・ラボ・レーベルです。菅野沖彦プロデュースのレーベルです。菅野邦彦の兄です。

Category:Jazz/Kその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

リー・コニッツ/ハーヴァード・スクエア

リー・コニッツ/ハーヴァード・スクェアー
Lee Konitz/In Harvard Square
クール派アルトサックスのリー・コニッツのストーリーヴィルレーベルに残っていた名演と言われる、未発表テイクです。
リー・コニッツ(as)、ロニー・ボール(p)が共通で、A面が、ピーター・インド(b)、ジェフ・モートン(ds)で、B面が、パーシー・ヒース(b)、アル・レヴィット(ds)のそれぞれカルテットです。A面が1955年ハーヴァード・スクェアー、B面が1954年ストーリーヴィル、ボストンでのライヴレコーディングです。
全員レニー・トリスターノ門下生という理想的なメンバーでの作品です。26歳と若い彼のクールで知的な演奏です。
PR:イン・ハーヴァード・スクエア

Category:リー・コニッツ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。