RSS|archives|admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ジム・ホール/スリー

ジム・ホール/スリー
JIM HALL'S THREE
渋いギターの名手ジム・ホールが1986年コンコードレーベルで録音した作品です。ジム・ホール(g)、スティーヴ・ラスピーナ(b)、アキラ・タナ(ds)というトリオです。バックの二人は初顔合わせですが、スティーヴ・ラスピーナはその後もジムのサポートをしているようです。粘っこい演奏ですね。アキラ・タナは日系三世でちょっとロック系ですかね。
オール・ザ・シングス・ユー・アーは奥さんのお気に入り曲だそうですが、気合いの入ったいい演奏ですね。プア・バラフライはちょっと変わったギターソロです。あと、スカイラークで、他はジム・ホールのオリジナル曲です。イルカのブルースもギターソロですが12弦ギターですね。
ベテランの域に達しても新しいものに挑戦するのは素晴らしいです。
このCDは廃盤になっていて入手が難しいようです。
2013年12月10日、NYの自宅で亡くなりました。合掌。
PR:Jim Halls 3

スポンサーサイト
Category:ジム・ホール | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ジム・ホール/アランフェス協奏曲

ジム・ホール/アランフェス協奏曲
JIM HALL/CONCIERTO
ジム・ホールの代表作ともいえるアルバムで、CTIレーベル、1975年録音です。メンバーは、ジム・ホール(g)、チェット・ベイカー(tp)、ポール・デズモンド(as)、ローランド・ハナ(p)、ロン・カーター(b)、スティーヴ・ガッド(ds)、ドン・セベスキー(arr)です。豪華ですね。プロデューサーはクリード・テイラーで、録音エンジニアはルディ・ヴァン・ゲルダーです。彼のスタジオで録っています。
A面はユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥとジムのオリジナル、彼の奥さんのオリジナルです。B面全部でアランフェス協奏曲です。ドン・セベスキーのアレンジはこの曲だけです。原曲に近い雰囲気のちょっと哀しく味わい深い曲です。A面の2曲は軽快にスイングする演奏で奥さんの曲はしっとりと聴かせますね。甘いギターの音が心地よいです。他の人の演奏も出しゃばり過ぎずなかなかいいですね。
PR:アランフェス協奏曲


Category:ジム・ホール | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ジム・ホール・イン・ベルリン

ジム・ホール・イン・ベルリン
IT'S NICE TO BE WITH YOU - JIM HALL IN BERLIN
1969年ベルリンのスタジオで録音されたジム・ホールのトリオでの作品です。サイドメンとしての活躍は多かったのですが、リーダー作は久しぶりです。12年ぶりの2枚目でMPSレーベルです。
ジム・ホール(g)、ジミ・ウッド(b)、ダニエル・ユメール(ds)というメンバーです。
シンプルなトリオ演奏でジム・ホールのギターの美しさが際立ちますね。ヤング・ワン・フォー・デブラとイン・ア・センチメンタル・ムードは無伴奏で、彼の敬愛するビル・エヴァンスがやった自分自身との対話と同じ趣向で、ギターと自分との対話の音楽になっています。伴奏のあるマイ・ファニー・ヴァレンタインもそんな感じですね。内省的で繊細なビル・エヴァンスに通じるところがあります。
一方、軽快な曲もなかなかいいです。ボサノバリズムのロメインがお気に入りです。アメリカに最初にボサノバをもたらしたのはジム・ホールらしいですね。1960年にはリオでブラジルのミュージシャンとジャムっていたらしいですから。
PR: イン・ベルリン

Category:ジム・ホール | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

テリー・ハーマン・トリオ/スウィート・メモリーズ

テリー・ハーマン・トリオ/スウィート・メモリーズ
TERRY HERMAN TRIO/Sweet Memories
テリー・ハーマン・トリオのおなじみのシリーズで、1984年録音、日本コロムビアから出ています。レーベルはDENON PCMとなっています。
坂本輝(p)、鈴木孝広(ds)、山口和与(b)で、曲によって、渡辺毅(ds)、根市タカオ(b)に替わります。
曲目は、夏の扉、SWEET MEMORIES、渚のバルコニー、ROCK'N ROUGE、チェリー・ブラッサム、青い珊瑚礁、赤いスイトピー、瞳はダイヤモンド、潮騒、裸足の季節、です。もうお分かりですね。
松田聖子のヒット曲集ですが、ちゃんとジャズになっています。軽快なピアノがなかなかいいですね。暮田軽穂と小田裕一郎の曲が多いです。
テリー・ハーマンこと坂本輝は、J-POPや洋楽のヒット曲からクラシックまで、なんでもジャズにしちゃう天才です。

Category:Jazz/Hその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

本田竹彦の魅力

本田竹彦の魅力
t.honda meets rhythm section featuring s.watanabe
本田竹彦がナベサダとそのリズムセクションとともにつくったアルバムです。トリオ・ジャズ・シリーズ第一弾で、1969年、銀座ヤマハホールでの録音です。
本田竹彦(p)、増尾好秋(g)、鈴木良雄(b)、渡辺文男(ds)、渡辺貞夫(as、特別参加)というメンバーです。
本田竹広ですが、1972年までは本田竹彦の名前で活動しています。
本田作曲のミントン・ブルースのナベサダの演奏はすばらしいですね。ヘイ・ジュード、恋のフェニックス、はジャズでは珍しい曲です。あと、ナベサダのアルトから始まるステラ・バイ・スターライトも印象的ですし、黒人ぽい自作曲の、エイント・テル・ユー・ア・グッド・ウェイ・バット、とオリジナル・バラードのクワイエット・シーもなかなかいいです。この曲では、力強いだけでなく繊細で叙情的な面も持ち合わせていることがわかりますね。
録音は菅野沖彦が担当しています。
PR:本田竹曠の魅力

Category:本田竹広 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

バリー・ハリス/ブレイキン・イット・アップ

バリー・ハリス/ブレイキン・イット・アップ
barry harris/breakin' it up
バリー・ハリス(p)、ウィリアム・オースティン(b)、フランク・ガント(ds)のトリオで1958年の録音です。カデットレーベルです。
バド・パウエル派の名手、バリー・ハリスの初リーダーアルバムです。1960年まではデトロイトで演奏、60年以降はニューヨークとデトロイトで演奏しています。また、サイドメンとしての演奏も数多く残しています。
オール・ザ・シングス・ユー・アーやストレンジャー・イン・パラダイスが印象的ですね。
PR:ブレイキン・イット・アップ

Category:Jazz/Hその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。