RSS|archives|admin

デューク・ジョーダン/フライト・トゥ・デンマーク

デューク・ジョーダン/フライト・トゥ・デンマーク
DUKE JORDAN/FLIGHT TO DENMARK
雪景色のジャケットの名盤です。デューク・ジョーダン(p)、マッズ・ヴィンディング(b)、エド・シグペン(ds)、のトリオで1973年、コペンハーゲン録音です。一時期ジャズシーンから遠ざかっていたのですが、北欧に渡り11年ぶりに録音したアルバムです。上品なスイング感がいいですね。ある種枯れた演奏ですが味わい深いです。グリーン・ドルフィン・ストリートが印象的ですね。A-1のノー・プロブレムは彼のオリジナルで実は「危険な関係のブルース」なんです。映画のテーマ曲です。
この盤はスティープル・チェース・レーベルでデンマーク製です。音質がいいです。
PR:フライト・トゥ・デンマーク(紙ジャケット仕様)



スポンサーサイト



Category:Jazz/Jその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

キース・ジャレット/ケルン・コンサート

キース・ジャレット/ケルン・コンサート
KEITH JARRETT/THE KÖLN CONCERT
キース・ジャレット(p)のソロ作品として最高と言われているドイツ、ケルンのオペラ・ハウスでのライヴ録音2枚組です。(1975年)すべて、即興演奏ですので、曲のタイトルはありません。
24時間寝てなくて体調も良くなく、ピアノも調子が悪く高音が安っぽい音がするので、高音域を使わずに演奏しています。それなのにこの名演です。
私、実はこのアルバム2組持っているんですよ。日本盤とドイツ盤なんですが、やはりというか、残念ながらというか、ドイツ盤の方が音がいいです。ドイツECMから出ています。
キース・ジャレットもゴールドベルク変奏曲のアルバムを出しています。ハープシコードですけど。意外なところでグールドとの共通点がありますね。奇声だけではありませんでした。
PR:ザ・ケルン・コンサート



Category:キース・ジャレット | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

キース・ジャレット/フェイシング・ユー

キース・ジャレット/フェイシング・ユー
KEITH JARRETT/FACING YOU
キース・ジャレットの記念すべき最初のソロピアノ作品です。ジャズのソロピアノと言えばキース、キースのソロと言えば、ケルン・コンサートですが、これは少し趣が違います。即興性を強く打ち出したケルンと違って、一曲が短いのでドラマティックではありません。意外と普通に簡潔で素朴なピアノソロですが、きらっと光るものは見え隠れしますね。まさにここがスタートだったという感じでしょうか。マイルス・グループの1971年の欧州ツアー中に録音されたアルバムです。ECMです。
PR:フェイシング・ユー[紙ジャケット仕様]


Category:キース・ジャレット | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ボブ・ジェームス/H

ボブ・ジェームス/H
Bob James/H
食べ物がジャケットに登場することは少ないですね。ホットドッグで、頭文字はH、Hはアルファベットの8番目ということで、ボブ・ジェームスの8枚目のアルバムです。
ゲストにグローバー・ワシントン・Jr(as)を迎えています。一曲目のスノウバード・ファンタジーから引き込まれます。いい曲ですね。ソニーのウォークマンの音に感動して作った、ザ・ウォークマンなる軽快な曲も入っています。ウォークマン発売の次の年、1980年に発表されたアルバムです。
アコースティック楽器と電気楽器のバランスがいいです。今聴いても古さを感じさせませんね。ボブ・ジェームスの6~8作目は全盛期の三枚といえますね。
PR:H+1(K2HD/紙ジャケット仕様)

Category:ボブ・ジェームス | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ボブ・ジェームス/ラッキー・セヴン

ボブ・ジェームス/ラッキー・セヴン
Bob James/Lucky Seven
ボブ・ジェームスの7枚目のアルバムです。(1979年)これは分かり易い、7枚目なのでジャケット写真はナナホシテントウです。日本のものより黒点が小さいような気がします。
電気系の楽器主体で、都会的で軽快なサウンドです。1曲目のラッシュアワーが印象的です。B面2曲目のフレンズ以外は彼のオリジナルです。フレンズはニール・ジェイソン(b)の作で彼自身が歌っています。
ボブ・ジェームス(kb)、エリック・ゲイル(g)、ゲイリー・キング(b)、スティーブ・ガッド(ds)、ブレッカー兄弟(tp&ts)、他。
PR:Lucky Seven
Category:ボブ・ジェームス | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ボブ・ジェームス/タッチダウン

ボブ・ジェームス/タッチダウン
Bob James/Touchdown
このタイトルとジャケット写真からボブ・ジェームス(kb)の6枚目のアルバムだと分かった人はスポーツ通ですね。アメフトでは、タッチダウンで6点入ります。
全曲彼のオリジナルで、ロン・カーター(b)、デビッド・サンボーン(as)、アール・クルー(g)、スティーブ・ガッド(ds)など超豪華メンバーが参加しています。アコースティック系の楽器を多く使い、しっとりゆったりした曲が多いです。当時(1978年)さんざん聴きまくったので今更感があるかなと思ったのですが、今聴いてもいいですね。
PR:タッチダウン+1

Category:ボブ・ジェームス | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |