RSS|archives|admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

大西順子/WOW

大西順子/WOW
onishi junko trio/WOW
大西順子の衝撃的なデビューアルバムです。バークリー音楽院を1989年に卒業してNYで活動、1992年に帰国、これを録音しました。サムシンエルスレーベルで、大西順子(p)、嶋友行(b)、原大力(ds)というメンバーです。スウィングジャーナル誌ジャズディスク大賞日本ジャズ賞受賞、SJ誌人気投票国内アルバム・オブ・ジ・イヤー2位、SJ誌選定ゴールドディスクに選定されています。無名の新人からいきなり日本のジャズシーンの第一線に躍り出たわけです。
男っぽくゴリゴリ押してくる感じで、まだ洗練されてなく無骨な感じがいいです。1曲目のザ・ジャングラーから圧倒されっぱなしです。オリジナル3曲とエリントンやモンクの曲を演奏しています。ブリリアント・コーナーズもいいですね。CDより2曲少ないです。
彼女は残念ながら2012年演奏活動からは引退しました。
PR:WOW

スポンサーサイト
Category:大西順子 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ジョージ・大塚・トリオ/ユー・アー・マイ・サンシャイン

ジョージ・大塚・トリオ/ユー・アー・マイ・サンシャイン
GEORGE OTSUKA TRIO/YOU ARE MY SUNSHINE
新ジョージ大塚トリオの1974年、スリー・ブラインド・マイス(TBM)吹き込みの作品です。市川秀男(p)、宮本直介(b)、ジョージ大塚(ds)のトリオです。前トリオのベース、寺川正輿に変わって宮本直介が参加しています。市川秀男は以前からのレギュラーですね。
タイトル曲、ウィロー・ウィープ・フォー・ミー、オーバー・ザ・レインボー、ホット・チャ、の4曲で一曲の演奏時間が比較的長いです。楽しくかつゆったりリラックスして聴ける内容です。
この盤は、TBMの25周年を記念して再カッティング、重量盤(180g)で再発されたものです。音質がいいです。
CDは限定発売しかされてないようで現在入手が難しいようです。

Category:Jazz/Oその他 | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

ヴィレッジ・ヴァンガードの大西順子

ヴィレッジ・ヴァンガードの大西順子
Onishi Junko/LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD
大西順子の三枚目のアルバムです。大西順子(p)、レジナルド・ヴィール(b)、ハーラン・ライリー(ds)のトリオで、1994年、NYのライヴハウス、ヴィレッジ・ヴァンガードでライヴ録音されたもので、サムシンエルスレーベルです。
ソー・ロング・エリック、ブルー・スカイ、ハウ・ロング・ハズ・ジス・ビーン・ゴーイン・オン、コンコルド、の4曲でCDより2曲減らしています。これは音質の点で有利ですね。ハウ・ロング・・が彼女の作曲です。
デヴュー数年の新人がヴィレッジ・ヴァンガードに出演することは珍しいことのようです。日本人より当地のファンの方が多くて、実力を認められたということでしょうね。
名前を伏せたら男性かと思わせるようなダイナミックなピアノです。しかも、静かでスローから激しい調子まで変幻自在です。クラシックのフレーズが出てくるのもいいですね。ウィントン・マルサリス・グループのメンバーであるバックの二人もクラシック好きらしいです。
SJ誌ジャズディスク大賞銀賞、同誌人気投票国内アルバム・オブ・ジ・イヤー、同誌ゴールドディスクとなっています。
PR:ビレッジ・バンガードの大西順子

Category:大西順子 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

太田邦夫カルテット+1/フリー・アンド・ラヴリー

太田邦夫カルテット+1/フリー・アンド・ラヴリー
Ohta Kunio+1/FREE AND LOVELY
名古屋方面のライヴシーンでは有名ですが、全国的には無名ですかね。太田邦夫カルテットのデビューアルバムです。高野正幹(ts)、太田邦夫(p)、加藤雅史(b)、夏目純(ds)、松浦克彦(tp)(B1,3のみ)がメンバーです。1976年録音。
全員新人ということで、若々しく新鮮なサウンドですね。ジャズの本流とも少し違う、ニューエイジというか独特な感性を感じます。TBM(スリー・ブラインド・マイス)から出ています。
PR:フリー・アンド・ラヴリー

Category:Jazz/Oその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

タイガー大越/マッドケーキ

タイガー大越/マッドケーキ
Tiger Okoshi/Mudd Cake
タイガー大越(tp)です。新婚旅行で渡米し、そのままボストンに住み、バークリー音楽院を卒業後、音楽活動をしているというトランぺッター、作曲家です。音楽教育にも熱心で、バークリー音楽院の教授でもあります。
このアルバムは1982年録音の彼の二作目で、大越以外はアメリカのミュージシャンなので日本人ぽくないフュージョンです。曲がいいですね。細かいちょっとしたところにおもしろさがあります。
芦屋市出身の阪神タイガースファンとしても有名で、阪神応援歌の「ハッスルタイガース」なるアルバムも出しています。
PR:マッド・ケーキ

Category:Jazz/Oその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。