RSS|archives|admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ゲーリー・バートン/リアル・ライフ・ヒッツ

ゲーリー・バートン/リアル・ライフ・ヒッツ
GARY BURTON QUARTET/REAL LIFE HITS
1984年ECMレーベルで録音されたゲーリー・バートンのアルバムです。ECMでのアルバム16枚中15番目です。メンバーは、ゲーリー・バートン(vib)、小曽根真(p)、スティーヴ・スワロー(b)、マイク・ハイマン(ds)です。バークリー音楽大学を卒業したばかりの小曽根真の参加が新鮮ですね。ゲーリー・バートンは数多くの新人を世に送り出しています。
カーラ・ブレイ、ジョン・スコフィールド、エリントンなどジャズメンの曲を演奏しています。小曽根とスティーヴ・スワローの曲もありますね。
全体にECMらしくない疾走感のある演奏です。小曽根の曲は静かですけどね。ECMらしい透明感のある録音がすばらしいです。私の手持ちはドイツ盤です。
PR:Real Life Hits

スポンサーサイト
Category:ゲーリー・バートン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ゲーリー・バートン/カーネギー・ホール・コンサート

ゲーリー・バートン/カーネギー・ホール・コンサート
GARY BURTON QUARTET in concert
ゲーリー・バートンのレギュラー・カルテットの初のライヴアルバムです。1968年、カーネギー・リサイタル・ホールで録音され、RCAから出ています。
ゲーリー・バートン(vib)、ラリー・コリエル(g)、スティーヴ・スワロー(b)、ボブ・モーゼス(ds)というメンバーです。ロックに共感するバートン、ジャズに興味のあるコリエルということで、ジャズとロックのぶつかり合いですね。融合(フュージョン)とまではいかない荒削りな感じがいいです。フォークやカントリー、ブルースの影響もありますね。当時のヒッピー・ムーヴメントを意識したジャケット写真もいいです。
ゲーリー・バートンとラリー・コリエルのオリジナルだけでなく、マイク・ギブスとボブ・ディランの作品も取り上げています。
PR:ゲーリー・バートン/カーネギー・ホール・コンサート


Category:ゲーリー・バートン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ジ・アライヴァル・オブ・ヴィクター・フェルドマン

ジ・アライヴァル・オブ・ヴィクター・フェルドマン
The Arrival of VICTOR FELDMAN
この人もともとドラマーで、10歳でグレン・ミラーのバンドで叩いています。その後ピアノとヴァイブをマスターしています。イギリス人ですが、1957年からカリフォルニアに移住しています。このアルバムはアメリカでのデヴュー盤です。
ヴィクター・フェルドマン(vib.p)、スコット・ラファロ(b)、スタン・リーヴィー(ds)のトリオで、1958年録音、コンテンポラリーレーベルです。ビル・エヴァンスとの有名盤の前のウェスト・コーストでのスコット・ラファロのベースが聴けるという意味でも貴重ですね。
ピアノはどちらかと言えば朴訥な感じでショパンのワルツのような優雅な曲の方がいいですね。ヴァイブはゆったりリラックスした感じでなかなかいいです。例外はガレスピーのビバップで、この速弾きはすごいです。映像で見てみたいです。
このジャケットもお気に入りです。アメリカ上陸時の写真です。ラファロとリーヴィーがTシャツ水夫で、フェルドマンが正装です。VictorのVはフェルドマンのVサインです。こういうセンスが好きです。レコード番号もボートの側面に書いてあります。印刷ですがね。
PR:ジ・アライヴァル・オブ・ビクター・フェルドマン(紙ジャケット仕様)

Category:Jazz/Fその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ゲーリー・バートン/タイムズ・スクエア

ゲーリー・バートン/タイムズ・スクエア
Gary Burton/Times Square
ゲーリー・バートン(vib)、スティーブ・スワロー(b)、ロイ・ヘインズ(ds)、タイガー大越(tp)のカルテットで1978年NY録音、レーベルはECMです。ECMに移籍してから10作目で、代表作と言ってもいいと思います。当時新人だった大越を世に出したのも彼ですね。小曽根真もその発掘された一人ですけど。バークリー音楽院の先生だったんですね。
四本マレット使いの達人です。スピード感のあるプレイに、大越の美しいメロディが合いますね。
ジャケットもシャレています。文字がすべて、ゴム印で押したような感じになっています。キース・ジャレットやスティーブ・スワローの曲が多いです。
PR:Times Square

Category:ゲーリー・バートン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。