RSS|archives|admin

ブッカー・リトル

BOOKER LITTLE
BOOKER LITTLE
アルバム名が本人の名前です。トランペットのブッカー・リトルの唯一のワンホーンアルバムで、数少ないリーダーアルバムです。
ブッカー・リトル(tp)、ウィントン・ケリー(p)、トミー・フラナガン(p)、スコット・ラ・ファロ(b)、ロイ・ヘインズ(ds)がメンバーです。曲によりピアニストが入れ替わっています。1960年ニューヨーク録音、タイム盤です。
翌61年、ブッカー・リトルとスコット・ラ・ファロが相次いで亡くなっています。23歳と25歳でした。二人とも時代を先取りした天才ミュージシャンで斬新な演奏をしています。自由奔放で美しいプレイが光っています。ブッカー・リトルはマックス・ローチ、エリック・ドルフィーとの共演が有名で、スコット・ラ・ファロはビル・エヴァンスとの共演で有名になりました。
PR:ブッカー・リトル


スポンサーサイト



Category:Jazz/Lその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |