RSS|archives|admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

秋吉敏子/ザ・トシコ・トリオ

秋吉敏子/ザ・トシコ・トリオ
AKIYOSHI TOSHIKO/The Toshiko Trio
秋吉敏子がボストンのバークリー音楽院に留学中である1956年に録音された、ストーリーヴィル・レコード原盤の作品です。バークリー音楽院の日本人最初の生徒です。
メンバーは秋吉敏子(p)、ポール・チェンバース(b)、エド・シグペン(ds)です。
長く幻の名盤として高値で取引されていたようですね。
アメリカン・ジャズ・マスター賞を受賞しています。
彼女の演奏はイントロに特徴がありますね。テディ・ウィルソンを聴いてジャズに目覚めた彼女らしいです。女性らしからぬダイナミックな演奏と女性らしい繊細な部分があるのが面白いです。日本的あるいは中国的、東洋的か?のアプローチも特徴です。ここではソロの蘇州の夜です。李香蘭の歌で有名です。
オリジナル・ブルース、ブルース・フォー・トシコもいいですね。
PR:秋吉敏子/ザ・トシコ・トリオ

スポンサーサイト
Category:秋吉敏子 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

リー・コニッツ/ハーヴァード・スクエア

リー・コニッツ/ハーヴァード・スクェアー
Lee Konitz/In Harvard Square
クール派アルトサックスのリー・コニッツのストーリーヴィルレーベルに残っていた名演と言われる、未発表テイクです。
リー・コニッツ(as)、ロニー・ボール(p)が共通で、A面が、ピーター・インド(b)、ジェフ・モートン(ds)で、B面が、パーシー・ヒース(b)、アル・レヴィット(ds)のそれぞれカルテットです。A面が1955年ハーヴァード・スクェアー、B面が1954年ストーリーヴィル、ボストンでのライヴレコーディングです。
全員レニー・トリスターノ門下生という理想的なメンバーでの作品です。26歳と若い彼のクールで知的な演奏です。
PR:イン・ハーヴァード・スクエア

Category:リー・コニッツ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。