RSS|archives|admin

ウェス・モンゴメリー/インクレディブル・ジャズ・ギター

ウェス・モンゴメリー/インクレディブル・ジャズ・ギター
WES MONTGOMERY/INCREDIBLE JAZZ GUITAR
ウェス・モンゴメリーの名盤はいろいろあれど、ジャズ的なエッセンスがつまっているのはこれですね。まさに信じられない演奏で、1曲目のエアジンから絶好調です。1960年録音、リバーサイドレーベルです。ウェス・モンゴメリー(g)、トミー・フラナガン(p)、パーシー・ヒース(b)、アルバート・ヒース(ds)というメンバーで、すごいリズム隊です。特にトミフラは名盤請負人で、数々のミュージシャンの名盤にサイドメンとして参加しています。
彼のギタープレイの特徴は独自のオクターブ奏法で、ピックを使わないで親指で演奏しています。驚異のテクニックです。
PR:インクレディブル・ジャズ・ギター

スポンサーサイト



Category:Jazz/Mその他 | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

セロニアス・モンク/モンクス・ミュージック

セロニアス・モンク/モンクス・ミュージック
THELONIOUS MONK/MONK'S MUSIC
アメリカではユニオンの規制でリハーサル時間がとれないままレコーディングすることがあります。練習、打ち合わせ不足で本番となれば、ミスも出ます。それをそのままレコードにしたのもすごいけど、ミスがあっても傑作というのもすごいです。ていうか、メンバーも豪華ですごいのですが。
レイ・コープランド(tp)、ジジ・クライス(as)、コールマン・ホーキンス(ts)、ジョン・コルトレーン(ts)、セロニアス・モンク(p)、ウィルバー・ウェア(b)、アート・ブレーキー(ds)で曲によって組合せが異なります。1957年、リバーサイドレーベルです。
A2ウェル・ユー・ニードントでは、モンクが自分のソロが終わったと勘違いして「コルトレーン、コルトレーン」と叫ぶのだが、コルトレーンは正しく出たのです。モンクは自分の曲なのにミスしたのだが、驚いたアート・ブレーキーが遅れ、つられてベースのウェアもミスるという連鎖ですね。
B2エピスロロフィーでは、ホーキンスの出だしで誰もついてこず、あれ間違えたかなと吹くのをやめたが、実は正しいコーラス頭だったのと、モンクのサビの部分でホーキンスがコーラス頭をちょっと吹いてしまう場面があります。他の曲はミス無しです。モンクらしさの出た完璧なアルバムとは言えませんが、なかなかいいですね。強面のモンクが子供の乗り物に乗っているジャケットも印象的です。
PR:モンクス・ミュージック+2(紙ジャケット仕様)


Category:Jazz/Mその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ビル・エヴァンス/ポートレイト・イン・ジャズ

ビル・エヴァンス/ポートレイト・イン・ジャズ
BILL EVANS/PORTRAIT IN JAZZ
このアルバムは、ビル・エバンス(p)、スコット・ラファロ(b)、ポール・モチアン(ds)という彼の最高のトリオのスタジオ録音の作品です。1959年、ニューヨーク録音。
降っても晴れても、枯葉、恋とは何でしょう、いつか王子様が、等スタンダード・ナンバーが多いです。マイルスとの共作のブルー・イン・グリーンもいいですね。実は前年の1958年にはマイルス・グループで演奏しているんです。そこでいろいろ吸収して独立後、進歩したんでしょうね。
流れるようなメロディラインが特徴です。かなり多弁なスコット・ラファロのベースとのからみもなかなかいいです。おすすめ盤です。
PR:ポートレイト・イン・ジャズ+1

Category:ビル・エヴァンス | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ビル・エヴァンス/ワルツ・フォー・デビイ

ビル・エヴァンス/ワルツ・フォー・デビイ
Bill Evans/WALTZ FOR DEBBY
このアルバムは、ビル・エバンス(p)、スコット・ラファロ(b)、ポール・モチアン(ds)という彼の最高のトリオの最後の作品です。1961年にニューヨークのヴィレッジ・ヴァンガードでライヴ録音されました。リヴァーサイドレーベルです。この録音の10日後にスコット・ラファロが事故死しているんです。また、「サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード」も同じ日の録音です。まったく別の作品のように発表されたのは何か意図があるのでしょうか。よく分かりません。
このピアノをひとことでいうなら明るいリリシズムですね。耽美的だが暗くないのです。それにスコット・ラファロのリズムを刻むだけではないメロディ楽器としてのベースが絡んでくるのがいいわけです。
彼の作曲したタイトル曲やマイ・フーリッシュ・ハート、マイ・ロマンス、マイルスのマイルストーンズなど、明るく軽快で美しくて奥が深くじっくり聴かせます。
PR:ワルツ・フォー・デビイ+4

Category:ビル・エヴァンス | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ビル・エヴァンス/サンディ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード

ビル・エヴァンス/サンディ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード
Bill Evans/Sunday at the Village Vanguard
このアルバムは、ビル・エバンス(p)、スコット・ラファロ(b)、ポール・モチアン(ds)という彼の最高のトリオの最後の作品です。1961年にニューヨークのヴィレッジ・ヴァンガードでライヴ録音されました。リヴァーサイドレーベルです。この録音の10日後にスコット・ラファロが事故死しているんです。また、「ワルツ・フォー・デビィ」も同じ日の録音です。こちらの方が有名かな?
このピアノトリオは三人が対等の立場で演奏しています。ベースとしてはすごく雄弁なスコット・ラファロであってこそのアルバムですね。1曲目のグロリアズ・ステップ(ラファロ作曲)からすばらしいメロディを奏でるベースがすごいです。もちろん絡むエヴァンスのピアノもいいんですけど。ラファロのベースに注目するならワルツ…より、こちらですね。
PR:Sunday at the Village Vanguard

Category:ビル・エヴァンス | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |