RSS|archives|admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ジ・アート・オブ・ペッパー

ジ・アート・オブ・ペッパー
THE ART OF PEPPER
オリジナルはオープンリールのテープで発売されたもののアナログ盤です。アート・ペッパー絶頂期の1957年録音でオメガテープです。
アート・ペッパー(as)、カール・パーキンス(p)、ベン・タッカー(b)、チャック・フローレス(ds)のカルテットです。
サイド1のホリデイ・フライト、トゥー・クロース・フォー・コンフォート 、はおなじみのミディアムテンポの曲です。続いてウェッブ・シティです。サイド2は、ラテンテイストのビギン・ザ・ビギンから、快調なサーフ・ライド、哀愁漂うボディ・アンド・ソウルへと続きます。いいですね、この曲。こちらの盤の方がおなじみの曲が多いですかね。
CDではアナログ盤2枚分を収録しています。
PR:ジ・アート・オブ・ペッパー

スポンサーサイト
Category:アート・ペッパー | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ジ・アート・オブ・ペッパー2

ジ・アート・オブ・ペッパー2
THE ART OF PEPPER VOL.2
オリジナルはオープンリールのテープで発売されたもののアナログ盤です。アート・ペッパー絶頂期の1957年録音でオメガテープです。
アート・ペッパー(as)、カール・パーキンス(p)、ベン・タッカー(b)、チャック・フローレス(ds)のカルテットです。
サイド1のロング・アゴー・アンド・ファー・アウェイ、アイ・キャント・ビリーヴ・ザット・ユーア・イン・ラヴ・ウィズ・ミー、魅惑のリズム、では滑らかに快調に飛ばしてますね。サイド2のウィズアウト・ア・ソング、そよ風と私、ではしっとりと歌い上げている感じです。そよ風と私、いいですね、私の好きな曲です。
カール・パーキンスのピアノがなかなかいいです。左手が不自由らしいのですがそういうハンデを感じさせませんね。
CDではアナログ盤2枚分を収録しています。
PR:ジ・アート・オブ・ペッパー


Category:アート・ペッパー | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。