RSS|archives|admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

スタッフ/ライヴ・イン・ニューヨーク

スタッフ/ライヴ・イン・ニューヨーク
Stuff/LIVE IN NEW YORK
スタジオ・ミュージシャンなのですがライヴで人気になったバンドです。彼らの拠点であるNYのライヴハウス、ミケールズでのライヴ・アルバムです。1980年発売。
ゴードン・エドワーズ(b)、コーネル・デュプリー(g)、エリック・ゲイル(g)、リチャード・ティー(key)、スティーヴ・ガッド(ds)、クリス・パーカー(ds)でギターとドラムスが二人いるのが特徴ですね。この6人がオリジナルメンバーで、このメンバーでの最後のアルバムです。
最初の、ブラザーがのった時、からごきげんな演奏ですね。サイド2頭の、ラヴ・ザ・スタッフ/エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフは、いきなりドラムソロからのスタートでびっくりしますし、リチャード・ティーのキーボードもいいですね。これは原曲とはかなり違った印象です。最後の曲、リアル・マッコイは録音の少し前に急逝したヴァン・マッコイに捧げた曲です。全体にライヴの荒々しさはなく、まとまった演奏です。そこがスタジオ出身らしいのですかね。
残念なことに一曲が長くておさまりきらないのでフェード・アウトになっている曲が多いです。音質はライヴ盤にしてはかなりいいと思います。
PR:イン・ニューヨーク

スポンサーサイト
Category:Jazz/S | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。