RSS|archives|admin

アート・ファーマー/トゥ・デューク・ウィズ・ラヴ

アート・ファーマー/トゥ・デューク・ウィズ・ラヴ
ART FARMER/To Duke With Love
アート・ファーマーのデューク・エリントン追悼作で、ワンホーンのバラード集です。アート・ファーマー(fh)、シダー・ウォルトン(p)、サム・ジョーンズ(b)、ビリー・ヒギンズ(ds)というメンバーで、1975年、NY録音、日本のレーベル、イースト・ウィンドから出ています。エリントンが亡くなったのが1974年ですから1年後です。
イン・ア・センチメンタル・ムード、スイングがなけりゃ意味ないさ、スター・クロスド・ラヴァーズ、ブラウン・スキン・ギャル・イン・ザ・キャリコ・ガウン、ラッシュ・ライフ、ラヴ・ユー・マッドリー、3番目と4番目以外は有名曲ですね。
スイング時代の名曲を違和感なくモダンジャズにして、しかもエリントンに対する敬愛の気持ちが感じられるいい演奏のバラード集です。
シダー・ウォルトン・トリオもレギュラーメンバーですし、この四人の組合せはいいですね。
PR:トゥ・デューク・ウィズ・ラヴ

スポンサーサイト



Category:アート・ファーマー | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

アート・ファーマー/イエスタデイズ・ソウツ

アート・ファーマー/イエスタデイズ・ソウツ
ART FARMER/YESTERDAYS THOUGHTS
アート・ファーマー(fh)、シダー・ウォルトン(p)、サム・ジョーンズ(b)、ビリー・ヒギンズ(ds)のカルテットです。75年N.Y.録音。50~60年代に名盤を数多く残しているんですが、70年代になってヨーロッパからアメリカに帰ってからのアルバムはありませんでした。特に日本で人気のあるアート・ファーマーなので、日本のレーベル「イースト・ウィンド」から出ています。やさしく柔らかい音色がいいです。円熟した演奏です。コーヒーのようにじっくり味わいたいですね。バックのシダー・ウォルトン・トリオもなかなかいいです。
PR:イエスタデイズ・ソウツ

Category:アート・ファーマー | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

アート・ファーマー/YAMA

アート・ファーマー/YAMA
ART FARMER/YAMA
YAMAというのはもちろん山のことで、富士山らしいけど、このジャケットよ~く見ると、山という字に見えなくもないですね。アート・ファーマー(fh)のCTIでの5作目で(1979年)、アレンジャーとしてマイク・マイニエリが参加しています。CTIオールスターズという感じで有名ミュージシャンが集結しています。ジョー・ヘンダーソン(ts)、マイク・マイニエリ(vib,key)、ウィル・リー(b)、エディ・ゴメス(b)、スティーブ・ガッド(ds)、デヴィッド・スピノザ(g)他。
フュージョンとしては一級品だけど、アート・ファーマーらしさはあまり出ていないように感じます。アレンジどおりに演奏しているのでしょうね。
PR:YAMA

Category:アート・ファーマー | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

アート・ファーマー/おもいでの夏

アート・ファーマー/おもいでの夏
Art Farmer/The Summer Knows
アート・ファーマー(fh)、シダー・ウォルトン(p)、サム・ジョーンズ(b)、ビリー・ヒギンズ(ds)というメンバーで1976年にNYで録音されたアルバムです。イーストウィンドという日本のレーベルから出ています。何枚か連続で出ていますね。
タイトル曲のおもいでの夏がいいですね。ミッシェル・ルグランの曲です。映画音楽です。静かで美しいいい映画でしたね。もう一つ、カーニヴァルの朝という黒いオルフェという映画の主題歌も入っています。全体にバラード主体でリラックスして聴ける作品です。
PR:おもいでの夏

Category:アート・ファーマー | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

チャック・マンジョーネ/フィール・ソー・グッド

チャック・マンジョーネ/フィール・ソー・グッド
CHUCK MANGIONE/feels so good
1977年発売で大ヒットしたフュージョン・アルバムです。60年代はアート・ブレーキーのジャズ・メッセンジャーズに参加していたこともあり、トランペットで純粋なジャズをやっていたのですが、フリューゲル・ホーンでフュージョンに転向してからヒットしました。
チャック・マンジョーネ(fh)、クリス・バダラ(sax)、グラント・ガイスマン(eg)、チャールズ・ミークス(b)、ジェームス・ブラッドリーJr(ds)による演奏ですが、他のメンバーはスタジオミュージシャンのようです。
フィール・ソー・グッドは当時ものすごく流行っていたので知っている人も多いでしょうね。聴きやすく印象的なメロディで滑らかな演奏なので、まさにいい気分にさせてくれる曲です。もうひとつ私が好きなのは、2曲目のマウイ・ワウイです。
PR:フィール・ソー・グッド

Category:Jazz/Mその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |