RSS|archives|admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ジ・アライヴァル・オブ・ヴィクター・フェルドマン

ジ・アライヴァル・オブ・ヴィクター・フェルドマン
The Arrival of VICTOR FELDMAN
この人もともとドラマーで、10歳でグレン・ミラーのバンドで叩いています。その後ピアノとヴァイブをマスターしています。イギリス人ですが、1957年からカリフォルニアに移住しています。このアルバムはアメリカでのデヴュー盤です。
ヴィクター・フェルドマン(vib.p)、スコット・ラファロ(b)、スタン・リーヴィー(ds)のトリオで、1958年録音、コンテンポラリーレーベルです。ビル・エヴァンスとの有名盤の前のウェスト・コーストでのスコット・ラファロのベースが聴けるという意味でも貴重ですね。
ピアノはどちらかと言えば朴訥な感じでショパンのワルツのような優雅な曲の方がいいですね。ヴァイブはゆったりリラックスした感じでなかなかいいです。例外はガレスピーのビバップで、この速弾きはすごいです。映像で見てみたいです。
このジャケットもお気に入りです。アメリカ上陸時の写真です。ラファロとリーヴィーがTシャツ水夫で、フェルドマンが正装です。VictorのVはフェルドマンのVサインです。こういうセンスが好きです。レコード番号もボートの側面に書いてあります。印刷ですがね。
PR:ジ・アライヴァル・オブ・ビクター・フェルドマン(紙ジャケット仕様)

スポンサーサイト
Category:Jazz/Fその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

シェリー・マン/モア・スウィンギング・サウンズ

シェリー・マン/モア・スウィンギング・サウンズ
SHELLY MANNE & HIS MEN/MORE SWINGING SOUNDS
西海岸を代表するドラマー、シェリー・マンがウェスト・コースト・ジャズの名手たちとの二管編成クインテットでつくったアリバムです。
ステュ・ウィリアムソン(tp)、チャーリー・マリアーノ(as)、ラス・フリーマン(p)、リロイ・ヴィネガー(b)、シェリー・マン(ds)のメンバーにより、1956年、LA録音で、コンテンポラリーレーベルです。
ムース・ザ・ムーチ、ザ・ウィンド、ピント・オブ・ブルース、トミーホーク、クァルテット、で最後の曲はビル・ホルマン作の4部構成で15分以上の大作です。凝った構成、編曲です。ムース・ザ・ムーチはチャーリー・パーカーの曲ですね。テーマからすぐアドリヴに入ります。こちらは編曲重視ではなく他の曲同様、自由に演奏していますね。
コンテンポラリーの動物イラストジャケットもいくつかありますがなかなかいいデザインです。
このアルバムはステレオのごく初期の録音なので、楽器を左右に振り分けて、ステレオなのだぞと強調しています。音質自体はコンテンポラリーらしいからっとしたいい音ですけどね。
PR:モア・スウィンギング・サウンズ (紙ジャケット仕様)

Category:シェリー・マン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

アンドレ・プレヴィン/ウエスト・サイド・ストーリー

アンドレ・プレヴィン/ウエスト・サイド・ストーリー
ANDRE PREVIN/WEST SIDE STORY
ミュージカルとして有名なウェスト・サイド・ストーリーの曲を題材にしたアンドレ・プレヴィンのピアノトリオ作品です。初演が1957年なんですね。このアルバムは1959年にコンテンポラリーにて録音されています。
アンドレ・プレヴィン(p)、シェリー・マン(ds)、レッド・ミッチェル(b)のトリオです。
ジェット・ソング、アイ・フィール・プリティ、ジー・オフィサー・クルップケ、など、軽快で力強いピアノプレイがすばらしいです。クールのストライド奏法も面白いし、トゥナイトやマリアなどのバラードでは気品のあるプレイですね。
PR:ウエスト・サイド・ストーリー

Category:アンドレ・プレヴィン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

アンドレ・プレヴィン&ラス・フリーマン/ダブル・プレイ!

アンドレ・プレヴィン&ラス・フリーマン/ダブル・プレイ!
ANDRE PREVIN & RUSS FREEMAN/DOUBLE PLAY!
西海岸を代表する二人のピアニストのデュオアルバムです。アンドレ・プレヴィン(p)、ラス・フリーマン(p)、シェリー・マン(ds)のベースレストリオです。ちょっと変わった楽器編成ですね。タイトルは野球用語とひっかけたシャレです。野球関係の名前のついた曲ばかりで、私を野球場に連れてって、以外はオリジナル曲です。両者のかけあいというか合いの手の入れ方がすばらしいです。もちろんソロもいいのですがね。シェリー・マンのブラシワークも冴えていますね。
コンテンポラリーレーベルで1957年の録音です。
PR:Double Play [12 inch Analog]

Category:アンドレ・プレヴィン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ベニー・ゴルソン/ニューヨーク・シーン

ベニー・ゴルソン/ニューヨーク・シーン
BENNY GOLSON'S/NEW YORK SCENE
1957年にニューヨークで録音されたベニー・ゴルソンの初リーダーアルバムで、彼の作編曲の評価を決定づける名作です。コンテンポラリーレーベルです。
ベニー・ゴルソン(ts)、アート・ファーマー(tp)、ウィントン・ケリー(p)、ポール・チェンバース(b)、チャールズ・パーシップ(ds)がクインテットで、それに、ジジ・グライス(as)、サヒブ・シハブ(bs)、ジェームス・クリーヴランド(tb)、ジュリアス・ワトキンス(french horn)が加わったのがバンドです。クインテットとバンドの二編成で、一曲だけカルテットもあります。
スリリングなサムシング・インB♭がいいですね。レイ・ブライアントの曲でクインテットでの演奏です。ゴルソンの曲、ウィスパー・ノット、ジャスト・バイ・マイセルフ、とも曲、アレンジもいいですね。バンドでの演奏です。ブルース・イットもゴルソンの曲です。クインテットの演奏です。夜っぽい雰囲気ですね。
PR:ニューヨーク・シーン+1(紙ジャケット仕様)

Category:ベニー・ゴルソン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

アート・ペッパー+イレヴン/モダン・ジャズ・クラシックス

アート・ペッパー+イレヴン/モダン・ジャズ・クラシックス
ART PEPPER+ELEVEN/MODERN JAZZ CLASSICS
アート・ペッパー(as,ts,cl)、ピート・カンドリ(tp)、ジャック・シェルドン(tp)、アル・ポッシーノ(tp)、ディック・ナッシュ(tb)、ボブ・エネヴォルゼン(ts,valve trombone)、ハーブ・ゲラー(as)、バド・シャンク(as)、ビル・パーキンス(ts)、リッチー・カムカ(ts)、メド・フローリー(bs)、ヴィンス・デ・ローザ(french horn)、ラス・フリーマン(p)、ジョー・モンドラゴン(b)、メル・ルイス(ds)というメンバーで1959年に録音されました。曲目によってメンバーが異なります。
アレンジと指揮はマーティ・ペイチです。アートとマーティがジャズメン作曲のスタンダードから12曲を選んでいます。ラウンド・ミッドナイトとかエアジンみたいな有名曲ばかりです。
中編成ながらコンボの味を残したマーティ・ペイチのアレンジがいいです。アート・ペッパーのアドリブが少し押さえられている感じはしますけどね。
PR:アート・ペッパー・プラス・イレヴン+3

Category:アート・ペッパー | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。