RSS|archives|admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

マイルス・デイヴィス・クインテット/マイルス・スマイルズ

マイルス・デイヴィス・クインテット/マイルス・スマイルズ
MILES DAVIS QUINTET/MILES SMILES
マイルス・デイヴィスの60年代黄金クインテットの作品で、1966年録音、コロンビアレーベルです。マイルス・デイヴィス(tp)、ウェイン・ショーター(ts)、ハービー・ハンコック(p)、ロン・カーター(b)、トニー・ウィリアムス(ds)という豪華メンバーです。オービッツ、サークル、フットプリンツ、ドロレス、フリーダム・ジャズ・ダンス、ジンジャーブレッド・ボーイの6曲です。静かなサークル以外はかなり躍動感疾走感のある演奏ですね。ダジャレのタイトルと笑顔のジャケットですが、マイルスらしさを前面に出した、真面目にジャズと向き合った作品です。
PR:マイルス・スマイルズ

スポンサーサイト
Category:マイルス・デイヴィス | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

秋吉敏子/トシコの子守唄

秋吉敏子/トシコの子守唄
AKIYOSHI TOSHIKO/Lullabies For You
トシコの子守唄~世界の童謡をピアノ・ジャズで~というのが正式な日本語タイトルです。
秋吉敏子(p)、荒川康男(b)、原田寛治(ds)のトリオで、1965年日本コロムビアのスタジオで録音されました。自作曲が多い秋吉のアルバムの中では珍しい作品ですね。自作曲はトシコの子守唄の一曲だけです。まりと殿様(日)、かんちょろりん節(日)、スリー・ブラインド・マイス(米)、エストレマドゥーラの歌(西)、一根扁担(中)、ロシアの子供の行進、天使の子守唄(イスラエル)、フレール・ジャック(仏)、蝶々(独)、ロンドン橋(英)、スエーデンの子守唄、で全曲です。
シンプルなメロディの印象的な曲が多いですが、ロンドン橋が一番ジャズ的で盛り上がってますかね。トシコの子守唄も穏やかでなかなかいいですね。
PR:ララバイ・フォー・ユー~トシコの子守唄

Category:秋吉敏子 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

デイヴ・ブルーベック/タイム・アウト

デイヴ・ブルーベック/タイム・アウト
THE DAVE BRUBECK QUARTET/TIME OUT
変拍子ジャズの名盤です。デイヴ・ブルーベック(p)、ポール・デズモンド(as)、ジーン・ライト(b)、ジョー・モレロ(ds)1959年録音です。コロンビアです。
まずはブルーベック作曲のトルコ風ブルーロンドですが、九分の八拍子で、途中で四分の四拍子に変わったりします。有名なテイク・ファイヴはデズモンドの作曲で、四分の五拍子です。キャシーズ・ワルツもあります。かなり実験的な作品ですが、ちゃんとジャズになっていて、しかも楽しい演奏だというのがすごいですね。ジョー・モレロの能力なのでしょうか。
PR:タイム・アウト

Category:デイヴ・ブルーベック | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

デイヴ・ブルーベック/エニシング・ゴーズ

デイヴ・ブルーベック/エニシング・ゴーズ
The Dave Brubeck Quartet Plays Cole Porter/Anything Goes!
デイヴ・ブルーベック(p)、ポール・デズモンド(as)、ジーン・ライト(b)、ジョー・モレロ(ds)の人気のカルテットです。1965~66年、ニューヨーク録音、CBSから出ています。ダウンビート誌、読者人気投票コンボ部門で62~65年で一位となっています。まさに人気絶頂のころですね。以前にも書きましたが、滑らかなポールのアルトにカクカクしたデイブのピアノがなぜか合いますね。このアルバムではコール・ポーターの曲を集めています。ミュージカルや映画音楽の分野で活躍した作曲家です。ラブ・フォー・セールとかナイト・アンド・デイが有名ですね。
ジャケットを手に持って裏返すとき、普通は左右に回すのですが、これは前後に回す人が多いです。気持ちは分かりますが、裏はちょっと笑ったデーブ・ブルーベックの写真です。
PR:エニシング・ゴーズ

Category:デイヴ・ブルーベック | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。