RSS|archives|admin

ナンシー・ウィルソン/バット・ビューティフル

ナンシー・ウィルソン/バット・ビューティフル
Nancy Wilson/But Beautiful
大御所の名盤です。1971年キャピトルレーベルにて録音された、ナンシー・ウィルソンの代表作です。バックは歌伴得意なハンク・ジョーンズですので、悪かろうはずがありません。ナンシー・ウィルソン(vo)、ハンク・ジョーンズ(p)、ロン・カーター(b)、グラディ・テイト(ds)、ジノ・バータシーニ(g)です。
R&Bやソウル歌手のイメージですが、もともとジャズから始まってますね。このアルバムは、そのジャズシンガーの面がよく出ています。曲目も古い名歌が多いです。少しハスキーな歌声で語りかけるように歌い、それにピアノで応えるハンクがいいです。34歳にしてすでに風格がある歌手ですね。
PR:コンプリート・バット・ビューティフル

スポンサーサイト
Category:JazzVocal女性 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |