RSS|archives|admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ジェリー・マリガン/パリ・コンサート

ジェリー・マリガン/パリ・コンサート
GERRY MULLIGAN/PARIS CONCERT
ジェリー・マリガン・カルテットで、1954年、パリのサル・プレイエル・ホールでライヴ録音されたアルバムです。パシフィックレーベルです。ジェリー・マリガン(bs)、ボブ・ブルックマイヤー(v-tb)、レッド・ミッチェル(b)、フランク・イゾーラ(ds)というメンバーです。
ピアノレスというだけでなく2管がバリトン・サックスとバルブ・トロンボーンというどちらも低音楽器というのが変わっている編成ですね。マリガンがチェット・ベーカーとカルテットで活動していたのですが、麻薬で逮捕され、替わりに組んだのがボブ・ブルックマイヤーだったのです。変わった組合せながらなかなかいい絡みを聴かせます。
このジャケットがいいですね。フランス国旗です。CDのよりずっといいです。
PR:In Paris

スポンサーサイト
Category:ジェリー・マリガン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ジェリー・マリガン/ナイト・ライツ

ジェリー・マリガン/ナイト・ライツ
GELLY MULLIGAN/NIGHT LIGHTS
バリトンサックスのジェリー・マリガンの上品で夜の似合うアルバムです。ジェリー・マリガン(bs,p)、アート・ファーマー(tp,fh)、ボブ・ブルックマイヤー(tb)、ジム・ホール(g)、ビル・クロウ(b)、デイヴ・ベイリー(ds)で、1963年録音、フィリップスです。編成はちょっと変わっていますね。
タイトル曲のナイト・ライツはマリガン作曲でバリトンサックスの替わりにピアノを弾いています。美しい曲です。カーニバルの朝は有名なボサノヴァ曲ですが、ショパンのプレリュード ホ短調もボサノヴァアレンジにしています。他二曲彼のオリジナル曲があります。曲もアレンジも趣味がいいです。熱いジャズではなく静かで淡々とした音楽です。
PR:ナイト・ライツ

Category:ジェリー・マリガン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ペッパー・アダムス/クリティック・チョイス

ペッパー・アダムス/クリティック・チョイス
PEPPER ADAMS/CRITICS' CHOICE
ウチではジャズは名字のアルファベット順に分類しているので、このアルバムは一番最初になります。バリトンサックスといえば、、、という大御所ですね。豪快そのものですが、アローン・トゥゲザーとかは歌心もあってなかなかいいです。1957年の録音です。まだ、新人のころですが、風格があります。
ペッパー・アダムス(bs)、リー・カッツマン(tp)、ジミー・ロウルズ(p)、ダグ・ワトキンス(b)、メル・ルイス(ds)、クインテットですね。
ジャケットの中央にそそり立つのは、胡椒を引くミルですね。ジャズのジャケットには洒落っ気のあるものが多いです。

Category:Jazz/Aその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。