RSS|archives|admin

ジョージ・ベンソン/ブリージン

ジョージ・ベンソン/ブリージン
ジョージ・ベンソンの大ヒット作です。ビルボード・チャートでPOP、R&B、ジャズの各部門で同時一位です。1976年発売、ワーナー・ブラザースから出ています。
ギターもうまいがボーカルもね。歌っているのはマスカレード1曲だけなんですがすごく印象に残ります。ギターとスキャットのユニゾンがすごいです。また、ちょっと軽いけどメロウで流れるようなギターがいいですね。私の主張(アファメイション)がなかなかいいです。ラジオ等でよく流れるのはタイトル曲ですね。聴きなじみのある人が多いのじゃないでしょうか。
ジョージ・ベンソン(g,vo)、ジョルジュ・ダルト(p)、ロニー・フォスター(key)、フィル・アップチャーチ(g)、ラルフ・マクドナルド(perc)、スタンリー・バンクス(b)、クラウス・オガーマン(arr)、ハーヴィー・メイソン(ds)という面子で、プロデューサーはトミー・リピューマです。
私が持っているのは、なぜかドイツ盤です。音質がいいです。
PR:ブリージン

スポンサーサイト



Category:Jazz/Bその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |