RSS|archives|admin

チャック・マンジョーネ/フィール・ソー・グッド

チャック・マンジョーネ/フィール・ソー・グッド
CHUCK MANGIONE/feels so good
1977年発売で大ヒットしたフュージョン・アルバムです。60年代はアート・ブレーキーのジャズ・メッセンジャーズに参加していたこともあり、トランペットで純粋なジャズをやっていたのですが、フリューゲル・ホーンでフュージョンに転向してからヒットしました。
チャック・マンジョーネ(fh)、クリス・バダラ(sax)、グラント・ガイスマン(eg)、チャールズ・ミークス(b)、ジェームス・ブラッドリーJr(ds)による演奏ですが、他のメンバーはスタジオミュージシャンのようです。
フィール・ソー・グッドは当時ものすごく流行っていたので知っている人も多いでしょうね。聴きやすく印象的なメロディで滑らかな演奏なので、まさにいい気分にさせてくれる曲です。もうひとつ私が好きなのは、2曲目のマウイ・ワウイです。
PR:フィール・ソー・グッド

スポンサーサイト
Category:Jazz/Mその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |