RSS|archives|admin

ラムゼイ・ルイス・トリオ/ジ・イン・クラウド

ラムゼイ・ルイス・トリオ/ジ・イン・クラウド
THE RAMSEY LEWIS TRIO/THE IN CROWD
ラムゼイ・ルイスの大ヒットアルバムで、ワシントンのボヘミアン・キャヴァーンでのライブ録音(1965年)です。チェス(アーゴ)レーベルです。この年のグラミー賞ジャズ部門賞を受賞しています。また、ジ・イン・クラウドのシングル盤はビルボード・ホット・テンに数週に渡って入っています。ジャズでは珍しいことです。まあ、この曲はロック調ではありますけど。ゴリゴリのジャズファンは嫌いますかね。
ラムゼイ・ルイス(p)、エルディ・ヤング(b)、レッド・ホールト(ds)のレギュラー・トリオです。他に、君を恋してから、テネシー・ワルツ、スパルタカス愛のテーマ、黒いオルフェ、などおなじみの曲ばかりですね。
彼のピアノはファンキーでソウルフルで楽しい演奏で、ゴスペル風味が特徴です。
PR:ジ・イン・クラウド+2

スポンサーサイト



Category:ラムゼイ・ルイス | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

オスカー・ピーターソン/オスカー・ピーターソンの世界

オスカー・ピーターソン/オスカー・ピーターソンの世界
OSCAR PETERSON TRIO/THE WAY I REALLY PLAY
オスカー・ピーターソンの有名盤です。ドイツMPSで1968年、スタジオでライヴ録音されたアルバムです。オスカー・ピーターソン(p)、サム・ジョーンズ(b)、ボブ・ダーハム(ds)のトリオです。
サテン・ドール、わが恋はここに、不思議な国のアリス、等おなじみの曲が多いです。ダイナミックかつ快調に飛ばす曲もあれば、ゆったり聴かせる曲もあり、その差が大きいのに驚きますね。入門盤のウィ・ゲ・・と比べると彼の世界にのめり込んだ人向きですかね。楽しめることは間違いないです。MPSは音質もいいですね。
PR:オスカー・ピーターソンの世界

Category:オスカー・ピーターソン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ラムゼイ・ルイス/サウンド・オブ・クリスマス

ラムゼイ・ルイス/サウンド・オブ・クリスマス
RAMSEY LEWIS/SOUND OF CHRISTMAS
ラムゼイ・ルイス(p)、エルディー・ヤング(b)、レッド・ホルト(ds)、B面はストリングスが加わります。1961年録音、チェスレコードです。
ファンキーでセンスのよいラムゼイ・ルイス・トリオの最初のヒット作品です。オリジナル2曲以外はクリスマス定番曲ですが、クリスマス以外にも聴きたくなるようなご機嫌なジャズアルバムです。
PR:Sound of Christmas
Category:ラムゼイ・ルイス

Category:クリスマスアルバム | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ビル・エヴァンス/ワルツ・フォー・デビイ

ビル・エヴァンス/ワルツ・フォー・デビイ
Bill Evans/WALTZ FOR DEBBY
このアルバムは、ビル・エバンス(p)、スコット・ラファロ(b)、ポール・モチアン(ds)という彼の最高のトリオの最後の作品です。1961年にニューヨークのヴィレッジ・ヴァンガードでライヴ録音されました。リヴァーサイドレーベルです。この録音の10日後にスコット・ラファロが事故死しているんです。また、「サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード」も同じ日の録音です。まったく別の作品のように発表されたのは何か意図があるのでしょうか。よく分かりません。
このピアノをひとことでいうなら明るいリリシズムですね。耽美的だが暗くないのです。それにスコット・ラファロのリズムを刻むだけではないメロディ楽器としてのベースが絡んでくるのがいいわけです。
彼の作曲したタイトル曲やマイ・フーリッシュ・ハート、マイ・ロマンス、マイルスのマイルストーンズなど、明るく軽快で美しくて奥が深くじっくり聴かせます。
PR:ワルツ・フォー・デビイ+4

Category:ビル・エヴァンス | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

レイ・ブライアント/コン・アルマ

レイ・ブライアント/コン・アルマ
Ray Bryant/CON ALMA
私が初めて買ったレコードです。廉価盤で1300円でした。レイ・ブライアントのCBS時代の傑作です。レイ・ブライアント(p)、ビル・リー(b)、ミッキー・ロッカー(ds)、マイルストーンズのみ、アーサー・ハーパー(b)に替わります。1961年と1962年録音です。
美しいタッチとダイナミックさが両立しているピアニストですね。ガレスピーのコン・アルマ、モンクのラウンド・ミッドナイト、エリントンのCジャム・ブルース、枯葉など有名曲と、オリジナル曲も演奏しています。
PR:コン・アルマ

Category:レイ・ブライアント | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

オスカー・ピーターソン/プリーズ・リクエスト

オスカー・ピーターソン・トリオ/プリーズ・リクエスト
OSCAR PETERSON/WE GET REQUESTS
オスカー・ピーターソン・トリオの1964年ニューヨーク録音のヴァーヴ盤です。オスカー・ピーターソン(p)、レイ・ブラウン(b)、エド・シグペン(ds)がメンバーです。トリオ作品が多いピーターソンのアルバムの中でも一番有名なものじゃないでしょうか。まさに珠玉の作品。ピーターソンにしては音数が少なく、ゆったりめの演奏ですね。酒薔薇やボサノバなどスタンダードが多く、ジャズ初心者にもお薦めできます。
私は日本盤とドイツ盤の2枚持っています。このアルバムは音のバランスがよくオーディオマニア向けの試聴用のディスクとしても有名です。
PR:プリーズ・リクエスト


Category:オスカー・ピーターソン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |