RSS|archives|admin

稲葉国光・中牟礼貞則デュオ/カンヴァセイション

稲葉国光・中牟礼貞則デュオ/カンヴァセイション
INABA & NAKAMURE DUO/CONVERSATION
1975年録音の稲葉国光(b)、中牟礼貞則(g)によるデュオ作品で、スリー・ブラインド・マイスから出ています。この盤は、TBMの25周年記念の限定盤として1996年に再カッティングされたもので、180g盤です。
いぶし銀のような稲葉のベースと美しい中牟礼のギターの対話がすばらしいです。言葉数が少ないながら濃密な感じですね。
枯葉、オールド・フォークス、アローン・トゥギャザー、デイドリーム、デイ・バイ・デイ、マイ・フーリッシュ・ハート、フー・キャン・アイ・ターン・トゥ?、アウア・ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ、とスタンダード・ナンバーが並びます。
TBMの録音はいいですね。三十年以上前のものとは思えないです。
CDは今は廃盤になっているようです。


スポンサーサイト
Category:Jazz/Iその他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ビル・エヴァンス/アンダーカレント

ビル・エヴァンス/アンダーカレント
Bill Evans/Undercurrent
ピアノトリオ作品が多いビル・エヴァンス(p)のアルバムの中では異色の、ジム・ホール(g)との二人だけの演奏です。1962年録音、ユナイテッド・アーティスツ(UA)からでています。
一曲目、いきなり軽快なテンポでマイ・ファニー・バレンタインが始まります。意表をつくスピード感のある演奏でびっくりします。他の曲はゆっくりめなんですけどね。ドリーム・ジプシーやローメインがいいですね。ゆっくりだけど緊張感があります。寄り添うようにあるいは絡み合うように息のあった演奏がすばらしい名盤です。
ところで、このジャケット写真はオリジナルでは「本物」の死体の写真だったという説があるんですが、本当ですかね。
PR:アンダーカレント

Category:ビル・エヴァンス | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |